黄連の花

この記事は1分で読めます

黄連の花。

石切山直下、林道脇の斜面沿いに咲きだした。

昨年も此処で見た。

2週間ほど花を付ける時期が早まった気がするが、それは僕が撮影に訪れた日によるだろう。昨年はとっくに咲いていて、撮影日が遅かった・・のであれば、今年とさほど変わらないのかもしれないし。

そんなことより花は美しい。

枯葉の中の緑葉は初々しく、先端でパッと開いた白花はさながら線香花火のよう。

清楚な佇まいであるから、取り囲む空気も塵一つなく浄化されたような感じ。

この感覚はホッとする。

こんな僕にも花を愛でる気持ちがあるんだと考えると、人として生きてんだなとなって、良い意味で脱力状態になっていく。

何も恐れず、心配もせず、ただ見つめているだけ。

なのに、ス~ッと体の中を空気が通り抜けていく。

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  胎内市 3月上旬撮影

膝痛

6日の未明に突然の膝痛。

起き上がれない。

体を反転することさえ難しい状態。

なのに、2,3日経過したら痛みが引き、ぎこちないけど歩けるようになった。

なんだったんだ?あの痛み。

当日は会社を休んだ。その日は歩けなかったし。

月曜日に会社へ行くと、疑心な目が充満。

歩けない人間がなんで歩いてんだ?ってな目。

胃潰瘍による入院、潰瘍性大腸炎(初期)、脱毛、緑内障やら睡眠障害・・健康でない状態が続いている中で、突然の膝痛は何を意味してるんだろう。

単に「加齢」だけでは済まされないぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。