みずひき

2015年7月12日(日)撮影
 ここは弥彦神社”万葉の道”です。
鬱蒼とした木立の中、みずひきが1本佇んでいます。
木漏れ日が差し込んで、スポットライトが当たったように
赤い粒だけが浮かび上がっています。
暗い背景の中に”赤”が強烈で引き寄せられました。
 「黒はより黒く、赤はより赤く」と目一杯に露出を
アンダーにして数枚、撮影してみました。
 現像後のスリーブをチェックしてみると黒と赤だけです。
茎さえ確認出来ません。
 意図してそうした撮影をしたわけだが、
仮にみずひきが群落を形成していたなら暗黒の世界に
無数の赤い星がキラキラと輝いていたかも知れない。
そんなこと考えると鳥肌が立ってくる。
 頭上では、クロツグミ、暗い林の中ではサンコウチョウが
休む暇も無く鳴いています。
 RVP100 55㍉ NikonF5弟   10時頃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

半夏生(はんげしょう)

ツバメシジミ

関連記事

  1. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  2. 笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

    「紛れもなくユキノシタ。笹藪のその下で辛うじて息をしていた・・・」見つけた最…

  3. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉が闇夜…

  4. ミツガシワ

    阿賀町・たきがしら湿原5月21日に撮影している。この時点ではちょうどいい咲…

  5. チューリップ畑

     ようやく雪が降り始めた。新潟市内も白く雪化粧している。あれほど“暖冬”と言…

  6. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。自分の怒りや…

  7. キジ メス

    過去写真 初掲載 カメラ担いで畑の中を歩いていたら、突然、キジの雌が頭をあげ…

  8. 翡翠

     以前掲載した翡翠の別バージョン。このまま押し入れの中で腐り果てて行く前に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。