たわわな実・ヘクソカズラの実

杭に絡みついた蔓の主はヘクソカズラですねぇ~。

杭は高さが3メートル近くあって、蔓はそこまで這い上って、撓わで琥珀色した実がブドウの房のように垂れ下がっていました。

写真はその一部です。マイクロレンズで撮影してます。

凍てつく福島潟に朝焼けが広がる姿を狙って、岸辺に三脚を立てその時を待っていましたが、無理ですねぇ~。諦めて撤収し、返り足で辺りを散策してて出会いました。

このヘクソカズラの存在は知ってましたが、この時期にこれほど撓わに実っているとは思いませんでした。

暖冬で土壌が露出してるから野鳥たちはエサ探しに困らない。あえてこんな屁みたいな実を啄む必要が無いのかも知れません。

僕の影が画面内に入らないギリギリの位置から。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1月上旬撮影 福島潟

夜間の歩行者

思うんだな。

夜の歩行者の服装、あまりにも暗すぎ。

背景に溶け込んでいて、車を運転してる時なんか、識別がつかないときがある。

「オッタマゲタァ~!」と気が付くケースが多い。

ほんと多い。

黒に近い服着てるんだ。

せめて反射材を付けるなりしていただきたい。

自転車乗り

道路上では左側走行。

右側走行は警察に言わせると「逆走」扱い。

なのに右側を走ってる自転車乗り、激しく多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

パレット墓場

採らずに撮った冬きのこ

関連記事

  1. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

  2. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  3. 夜明けの木

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3福島…

  4. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  5. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  6. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  7. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  8. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。