たわわな実・ヘクソカズラの実

この記事は1分で読めます

杭に絡みついた蔓の主はヘクソカズラですねぇ~。

杭は高さが3メートル近くあって、蔓はそこまで這い上って、撓わで琥珀色した実がブドウの房のように垂れ下がっていました。

写真はその一部です。マイクロレンズで撮影してます。

凍てつく福島潟に朝焼けが広がる姿を狙って、岸辺に三脚を立てその時を待っていましたが、無理ですねぇ~。諦めて撤収し、返り足で辺りを散策してて出会いました。

このヘクソカズラの存在は知ってましたが、この時期にこれほど撓わに実っているとは思いませんでした。

暖冬で土壌が露出してるから野鳥たちはエサ探しに困らない。あえてこんな屁みたいな実を啄む必要が無いのかも知れません。

僕の影が画面内に入らないギリギリの位置から。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1月上旬撮影 福島潟

夜間の歩行者

思うんだな。

夜の歩行者の服装、あまりにも暗すぎ。

背景に溶け込んでいて、車を運転してる時なんか、識別がつかないときがある。

「オッタマゲタァ~!」と気が付くケースが多い。

ほんと多い。

黒に近い服着てるんだ。

せめて反射材を付けるなりしていただきたい。

自転車乗り

道路上では左側走行。

右側走行は警察に言わせると「逆走」扱い。

なのに右側を走ってる自転車乗り、激しく多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2018.02.16

    凍吹雪
  2. 2019.10.10

    ぺたんこ蛙
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。