山陰は冷たいまま・霜葉

コナラの幼木でしょうか。

陽はとうに昇っているのに山陰は冷たいまま。

霜のベールに包まれています。

この日は別の場所で朝焼けを待っていたが、皮肉にも雲ひとつ無く晴れてしまった。夜明けの光芒は観られて幸せ。でも、今ひとつ物足りない。

近くのタカアザミの畑地で霜花の撮影でもと考え、そちらへ足を伸ばすも、紅紫の花一つなく枯れ果ててしまっていたし、霜は半端な状態。

山懐にやって来た。

山陰なら霜が降りているかも。

急ぎ足で小径をすすむ。

陽の当たらない場所はひんやりした。

風が無いだけ冷たい空気が溜まっているみたい。

写真

背景の緑は苔。

幼木をほぼ真上から撮影している。

レンズを絞り込んでカメラはミラーアップ、タイマーレリーズ。

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3  阿賀野市 14日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福島潟・夜明け

霜の苔 霜の葉

関連記事

  1. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. 交尾中のヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮っていると偶…

  3. 大乱闘

    ~前の写真の続き~ 「山田君!ちゃんと撒きなさいっ!」吉川叔父さんがお立ち台…

  4. 粗目雪とふきのとう

    2016年3月中旬撮影 午後、約1年ぶりに関川村鷹巣キャンプ場にやって来まし…

  5. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  6. 角田山のイカリソウ

     角田山、灯台コース上で撮影。GW期間中に家族で登山。このコースは海抜0メー…

  7. バカマの素顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング …

  8. 春待つカタクリ

    2012年4月15日 関川村、鷹巣キャンプ場。今年は積雪が異常に多く、日陰部…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。