山陰は冷たいまま・霜葉

この記事は1分で読めます

コナラの幼木でしょうか。

陽はとうに昇っているのに山陰は冷たいまま。

霜のベールに包まれています。

この日は別の場所で朝焼けを待っていたが、皮肉にも雲ひとつ無く晴れてしまった。夜明けの光芒は観られて幸せ。でも、今ひとつ物足りない。

近くのタカアザミの畑地で霜花の撮影でもと考え、そちらへ足を伸ばすも、紅紫の花一つなく枯れ果ててしまっていたし、霜は半端な状態。

山懐にやって来た。

山陰なら霜が降りているかも。

急ぎ足で小径をすすむ。

陽の当たらない場所はひんやりした。

風が無いだけ冷たい空気が溜まっているみたい。

写真

背景の緑は苔。

幼木をほぼ真上から撮影している。

レンズを絞り込んでカメラはミラーアップ、タイマーレリーズ。

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3  阿賀野市 14日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。