すじ雲染まるビッグスワン

この記事は1分で読めます

 すじ雲染まる鳥屋野潟。
4時、上沼橋。昨夜の天気予報から少しの期待感あり。
現場で準備していたらあの男がやってきた。2、3カ月ぶりだ。
面白いことに、俺が右に行くと彼も来る。今度は左に行くとやっぱり来る。
「なんだ、これ」とワザと上沼橋の反対側にカメラを構えると
一定の距離を置いて同じような動作をする。
欄干からレンズ越しに私を見ていることもあった。だから覚えていた。
その男が準備している間に土手の中段に素早く移動した。
 東の空から西にかけて筋状の雲。それが朝焼けで輝くことを期待して待つ。
雲の広がりを見てレンズを55ミリから35ミリに変更した。
2秒からスタートした撮影だが、最後には1/60までかせげた。
 湖面は風が吹いているせいで波打っている。
スローシャッターでクリーム状の湖面をと考えたが中途半端だった。
 撮影終了後、入れ替わるようにカメラマンが3人やってくる。
まだ日の出前だったから朝日狙いなのだろうか。
 RVP100 35ミリ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。