野菊の露

この記事は1分で読めます

秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿をゆっくりほぐしてくれています。

剥がれ落ちた木々の葉が幾重にもなった小径脇を彩るように咲いていた。

『野菊』とはこの種の花の総称で、写真の花にはちゃんとした呼び名がある。

現像が上がってくるまでの数日間、この花を思い浮かべて図鑑やパソコンで名前を調べていたのでした。

それで『ヨメナ』じゃないかなと。

ところが、仕上がったポジをチェックしていたらこの花を撮る前、別な場所なんですが、花の色はソックリで、花弁が少し細くて長い子も撮っていたのですね。

それが『ヨメナ』じゃないの?となった。

するとこの花は『ノコンギク』?

花弁が太くて短くて・・そうなっちゃうんだけど・・今だ半信半疑。

まぁ、そのうち誰かに聞けばいいや程度であまり深く考えないことにしよう。そんなことに拘っていると花を愛でる気持ちが乾いてしまう気がしてくる。

写真

花々の塊が画面から外れないよう、水平を傾けて撮っている。黙っていれば分からないことでしょうけど、そういうのが苦手なんですね。

背後のボケの柔らかさを崩したくなかったのでレンズの絞り値は開放です。その背後がポワ~と明るくなってきたときにパシャッとやってます。

レンズは最近入手した中古レンズですね。おそらくは製造が1980年代でしょう。30年以上も前のモノです。でもほとんど傷んでないのです。

使われた形跡が極めて少なく、鏡胴にスレがちょこっとある程度。レンズそのものも傷やカビがない(見た目なんですが)。

ある時期にオーバーホールでもしてるんだろうな・・と感じてしまうほど状態が良かったので心が動いてしまった。

小遣いの範囲内で十分に買えた。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4 NikonF3   阿賀野市 4日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。