ホオズキ・鬼灯

この記事は1分で読めます

ホオズキは漢字で鬼灯と書く。

お盆の時期に仏前やお墓に備えるのは「あの世から道を間違えずに家に戻ってきてね」と、鬼門の前に置く灯火を意味しているんだろうと解釈している。

このホオズキ、いずれも母が庭で育てたもの。

色付いてちょうど良さげな頃に摘んで、父の仏前に供えた。

ただし、それは1年前。

母はある程度飾ると、飽きて庭に捨てた。

ソレを僕が拾って雨風をしのぐ納屋にしまっておいたのだった。

二つのホオズキは摘んだ時期は一緒と言う。

しかるに、こうも若いの老いたのと分かれるもんだと、人の老け具合を想像しながらまな板に並べてみた。

まな板は2,30年前、実家を建て替えた時の廃材を利用している。

アンガーマネジメント

この種の研修会には何度か参加しているが、毎回、新鮮な驚きを感じている。

今回の驚きと納得は、怒りの感情を持ち合わせて当然ということ。

叱る際は後悔しないように叱りなさいと言う。

あとで「あんな事、言わなきゃよかった」とならないために6秒ルールを実践しなさいと。

瞬間湯沸かし器的、爆発的怒りでも6秒待てば心が静まってくるという。

またはグーパー対応しなさいと。

ああだこうだと反論する相手や言葉に対し聞く側は手のひらを閉じてグーにしたり、開いてパーにしたりを連続させながら対処しなさいと。

・・・・家でやってみた・・難しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。