蓮・音色を重ねる

今年の蓮は当たり。花茎はまっすぐで端正な姿だし、第一に色が良い。

この事を早朝の鳥屋野潟で時々一緒になるプロの写真家に話すと「そっ! 僕もそう思ってたんだよ 例年にない美しさだね」と驚いた顔して即答した。

猛暑による葉や花の熱枯れもなく、大雨による葉の打たれシミも見当たらない。もしかすると天候のせいだろうか。

21日、福島潟蓮畑で撮影した。

撮りやすい。

回遊路から手を伸ばせば触れる距離にも花は沢山咲いていて、高さもちょうど良い。

枯れたごちゃついた背景が少ないせいか、逆光で葉を透かすと瑞々しい緑が一杯に広がってピンクの花と鮮烈なまでの極彩バトルを展開する。

ピンクと緑、濃いも薄いも織り交ぜて配色効果を楽しんでみた。

自然の創り出す色には音がある。

つまり「音色」なのですが、そう感じたりして。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

幻の赤い雲

世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

関連記事

  1. タカアザミは何処へ

    タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲い…

  2. 嵐の予感

    低く垂れ込めた雨雲が足早に上空を通り過ぎていく。通り過ぎては…

  3. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  4. 夜が割れていく

     夜が割れていく時間がやってきました。肉眼では捉えられないような星々の流れや…

  5. 冬枯れの福島潟

    2015年12月20日(日)撮影 夜が白んで雪を抱いた二王子岳や五頭の山肌…

  6. 薄明光線

     暑い!昼過ぎ、会社から自転車で家に戻ってきたが、汗ダラダラ。た…

  7. 蓮墓標

     このところ、凡ミスが多い。昨日21日夕方は田園(たんぼ)と夕焼けやお月様を…

  8. 意地悪な雲・福島潟

    上層雲のウロコ雲なのか、中層雲のヒツジ雲なのか、どっちでもよいのですが、あと…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。