辛うじてこの1枚・大岩鏡

現像に出したままのフィルムを受け取りに行ってきた。大型連休中に撮影した8本のフィルムの残り1本がなかなか“回収”できないでいた。

そのフィルムの中には何がどんな風に写っているのか、おおよその見当は付いていたんだが、マイクロレンズで撮ったコマのほとんどが露出がオーバー側に振れていたのにはショックだった。

唯一、なんとか見られたのはこのオオイワカガミ。

写真は縦位置だが、少し寄って横位置で撮影したものとイカリソウは全滅だ。

どうしたんだろう?

何故なんだろう?

・・考えてみた。

当時の撮影日誌を読み返してみたら「撮影終了後にレンズがぽろっとボディーから外れた」とある。

思い出した。

車の助手席に無造作に置いたカメラを持ち上げた際にポロッとレンズが外れ危うく手から滑り落ちそうになったんだ。

マウントにキッチリとハマってなかった。

でもそんなことあり得るんだろうか?

実際に撮影時、レンズの絞り環をグリグリしたりピントリングを左右に回したりしていたんだが、そんなことで外れた?まさかでしょ。

思うにレンズを交換した際に、カチッと最後まではめなかったのかもしれない。

多分そうだ。

このトラブルと露出オーバーとの関係はうまく説明できないけど、それしか考えられないし。

まあ、そんなことだ。

オオイワカガミだった。葉っぱが見慣れたイワカガミのそれに比べてはるかにデカく、丸味もある。映ってないけど。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  長岡市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ミツバツツジは振り向いてくれない

夜明け色・鳥屋野潟

関連記事

  1. 鷹巣のカタクリの花

    関川村鷹巣キャンプ場。今季2回目の訪問。午後の2時過ぎです。本日…

  2. 母校の桜を見上げてみた

    RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3 胎内市…

  3. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

  4. ぺたんこ蛙

    朽ちた竹棒のテッペンに“伏せ蛙”がいた。縁を掴む手つきが妙に…

  5. カナブン/樹液を独り占め

    そして、コイツだけが残った。樹液に集まったカナブンは五匹いた。樹液の周りに…

  6. 葉っぱだけならチンゲン菜

    2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出…

  7. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  8. ヒメシジミ♂

    新しいテレビが我が家にやってきた。もう37型の大きさなんてないんですね。前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。