辛うじてこの1枚・大岩鏡

現像に出したままのフィルムを受け取りに行ってきた。大型連休中に撮影した8本のフィルムの残り1本がなかなか“回収”できないでいた。

そのフィルムの中には何がどんな風に写っているのか、おおよその見当は付いていたんだが、マイクロレンズで撮ったコマのほとんどが露出がオーバー側に振れていたのにはショックだった。

唯一、なんとか見られたのはこのオオイワカガミ。

写真は縦位置だが、少し寄って横位置で撮影したものとイカリソウは全滅だ。

どうしたんだろう?

何故なんだろう?

・・考えてみた。

当時の撮影日誌を読み返してみたら「撮影終了後にレンズがぽろっとボディーから外れた」とある。

思い出した。

車の助手席に無造作に置いたカメラを持ち上げた際にポロッとレンズが外れ危うく手から滑り落ちそうになったんだ。

マウントにキッチリとハマってなかった。

でもそんなことあり得るんだろうか?

実際に撮影時、レンズの絞り環をグリグリしたりピントリングを左右に回したりしていたんだが、そんなことで外れた?まさかでしょ。

思うにレンズを交換した際に、カチッと最後まではめなかったのかもしれない。

多分そうだ。

このトラブルと露出オーバーとの関係はうまく説明できないけど、それしか考えられないし。

まあ、そんなことだ。

オオイワカガミだった。葉っぱが見慣れたイワカガミのそれに比べてはるかにデカく、丸味もある。映ってないけど。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  長岡市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ミツバツツジは振り向いてくれない

夜明け色・鳥屋野潟

関連記事

  1. ムカシヤンマとウメノキゴケ

    桜の幹にとまったムカシヤンマ。樹皮に付いた緑色した海藻みたいなものは地衣類…

  2. 子供の声と蕗の薹

     滝沢の水芭蕉群生地に向かって砂利道を歩いていて子供の声。立ち止まって耳を澄…

  3. 夏の入道雲

     瓢湖の裏側から新発田市方面に広がる田園地帯での一コマ。8月に入り稲穂が出そ…

  4. 開花後のカタクリ

    2012年4月24日 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あ…

  5. ナガハシスミレ

    花を愛でていると心が豊かになっていく。心が洗われる。歳を重ねるにつれ、寄り…

  6. アケビの花

    昔懐かしい花に出会った(旧中条町、大輪寺の境内にもあった)。アケビだ。何…

  7. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  8. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。