大輪寺・“路傍すみれ”

いつ見ても不思議と思うのです。

人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくてもいいのに。

毎年なんです。

今年は花の咲く時期がこれまでより若干遅かったからゴールデンウイークの帰省中にその姿を見ることが出来ました。

「あぁ、やっぱり普通に咲いてたんだ」とちょっと安心しました。

これまで、帰省中に目にした姿は全て萎れていましたから。

もう数十年ですね、こうやって埃にまみれて生きてるの。

近くに仲間がいます。コンクリートの台座と石柱が接する隙間からひょろ~と顔を覗かせている仲間が。

こちらも数年同じ場所から姿を見せますが、残念ながら花の時期を逸してしまい、写真は撮りませんでした。

いずれにせよ不思議ですね。

種は弾け、風に乗ったり、靴底にへばり付いたり、動物の毛の中に忍び込んだりして新たな生地へと運ばれていく。主だけは葉を落としても土の中で息をしながら次の春を待っている。

いつまでそんな生活が続くんだろうと考えてしまいます。

なんだか、訳ありな文章になりましたが、深い意味なんてありません。ただ、不思議と感じているだけなんです。

RICOH・GR2   胎内市・大輪寺境内  3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

萌える若葉とツツジに包まれる春

藪の中・ツクバネウツギ

関連記事

  1. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. 春待つシジュウカラ

    迎春 本年も宜しくお願いいたします。「酉年」ということで、昔…

  4. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

  5. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  6. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  7. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれた。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。