シュワッチな天井

妙に寒い夜だったなぁ。静かだったし。

「もしかしたら、もしかして」とカーテン開けたら窓の外は雪。ハラハラと舞い落ちてくるその雪を見ていたら一句思い浮かんだ。

春の雪 替えないタイヤに ほくそ笑む

まだ冬用タイヤをノーマルタイヤに替えてなかったちょっとした後ろめたい気持ちが薄れ、さらには良い景色が観られると思うと自然とニヤリ顔になるのでした。

写真

昨日自身のFacebookタイムラインに投稿した別バージョン。

里山の植物やら昆虫やらその周辺の風景を撮っていると、こうした人工的な構造空間がとてつもなく新鮮に見えてくる時があります。

新たな被写体に出会えたようでウキウキになるのです。

娘を送り届けてもしばらくそこに留まって、カメラ片手にブラ散歩(実際はカメラはポケットの中に入っている)。

興味あるものから片っ端にコットンし、画像を確認しては「消去」を繰り返しているうちにこの場面に出くわした。

鏡のような壁面を利用し、左右対称を意識していたらウルトラマンのメンタマが見えてきたような。

ホントはしゃがんで見上げるように写せばダイナミックになるのにと思いながらも周りの目が気になってそれが出来ない・・ちょこっと自身が情けない。

カメラのモードはマニュアル。

RICOH・GRⅡ   りゅーとぴあ  23日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オーレンはオウレンで黄連だった

現実と虚像は薄皮1枚

関連記事

  1. 出港

    佐渡汽船『あかね』が新潟港から出港していく。だんだん小さくな…

  2. 昔の炊事場

    光の乏しい室内で手持ち撮影してみた。f2.8解放、1/20秒、ISO…

  3. 小屋番する猫・にゃろめぇ~!

    なんだぁ~・・ニャロメェ~。太陽が眩しいんじゃないぞ、オレを…

  4. それぞれの ♪夕焼け小焼け♪

    今日2日の♪夕焼け小焼け♪はこんな感じだった。北陸自動車道は…

  5. 轍のむこう

    小屋番している半ノラを認めるも陽は雲の中。雲間から太陽が覗いてから猫…

  6. 股下から水上バスが現れた

    2日の土曜日、デジタル撮影前にフィルムで撮った萬代橋。向こう…

  7. ブタ猫 チビタン

     子猫の頃からよく親猫が裏庭に連れてきていた。ほかに別家族の野良猫もいたがこ…

  8. 浜猫・小屋番する猫

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。