カラスと一緒の朝焼け

2015年6月12日(金)撮影
 天気予報で曇りのち雨の予報。
天候の変わり目が朝方のようなので朝焼けが期待できました。
気になって3時前には目を覚まし、暗い雲間を何度も見やりました。
3時30分過ぎ、地表近くの雲がわずかに染まり始めたため
コーヒーを飲み干す間もなく手に持ったまま出発。
 上沼橋に立ったのが3時50分。当然ですが誰もいません。
生ぬるい風が吹いて雨の予感がします。
東の空は出発時とさほど変わらない薄い桃色。
おまけに天頂部は厚い雨雲が覆い始め、逆に暗くなったみたい。
「あ~ぁ、寝てればいがったな~」
と、あきらめムードで立っている私の頭上近くをカラスが一羽。
「アホウ、アホウ」と声高らかにがなり立てながら飛び去っていきました。
「カア」でなく「アホウ」と聞こえるのは私の歪んだ性格か。
ところが飛び去ったはずなのに何故か舞い戻り、近くの電柱に着地です。
近所迷惑だから少しは加減気味にカラスに向かって「アホウ!」と一喝。
さらに「やってやっからな」と思い立った矢先、空が動き出しました。
朝焼けです。桃色の部分がだんだん濃くなっていくのです。
カラスどころではありません。
“ビッグスワン強烈な朝焼け”(とんでもない題名)と似たような色合いです。
あの時と同じ棉飴雲。湖面の照り返しも似ているような。
染み込むというより反射する範囲が次第に拡がっていきます。
 ミラーアップしてアイピースシャッターも閉じて静かにパシャリ。
電柱の上では例のカラスがじっとしたまま。
もしかすると、あいつもきれいな朝焼けを眺めていたのかな。
 RVP100 35ミリ NikonF5兄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

睡蓮

ユスリカと朝焼け

関連記事

  1. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

  2. コスモス、おまえに決めた

     朝から雲の多い天気。ただし草花の撮影時、悩まされ続けた風が無い。明るくはな…

  3. 燃える鳥屋野潟

    *写真は過去のものです昨日の夕方近く、雨脚が弱まった空は大きなレフ板で光を…

  4. ゴマダラカミキリ

    2015年7月4日(土)撮影 コガネムシを撮影後、次に目にしたのがカミキリム…

  5. 夜明けの蓋が開くとき

    9月下旬の撮影です。スカッと晴れ上がり、風も無い・・霧が出るかもと予想して、…

  6. たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

    6日土曜日、鳥屋野潟の夜明けです。7月に入ってムムッとなる朝焼けがこれまで…

  7. オレンジな朝

    眠りが浅く、当然寝た気がしない。でも、寝れないんだな。布団の中に潜り込んだ…

  8. 散り花

    2015年5月3日(日)撮影 鳥屋野潟公園の一角。八重桜の花びらが、その役目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。