昔の炊事場

光の乏しい室内で手持ち撮影してみた。f2.8解放、1/20秒、ISO800。

カメラはリコー・GRⅡ。

フィルムカメラではちょっと無理っぽい状況なのに、デジタルカメラではいとも簡単に撮れるのですね。

もっともそれが“普通”であって“意外”と感じたのは僕だけかもしれない。

正月休みに数回、福島潟へ出掛けるも写欲が全く沸かず、家で呑んだくれていた。

でも呑むほどに酔いが回るほどにシャッターを押そうとしない自身がみっともなく思えてきたし、年が明けて一気に老けたみたいだし。

そんなことでブラ散歩してみたり、ちょこっと場所を変えて萬代橋あたりをうろついてみたりした。

写真は北方文化博物館での一コマ。*6日撮影 予約投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

休業日

ダイハツじゃない

関連記事

  1. 朝焼け・平成大橋から

    RICOH・GRⅢ僕の勤める会社は朝早いんで、よそ様よりは2時間近く早く…

  2. 四角い光と青空

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron 40…

  3. 落ち葉溜り

    kodak t-max100 ai-nikkor 24f2.8s nikon…

  4. 埋もれまいとする影

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s+Y2 NikonF3…

  5. rhythm・音の調べ

    内壁、高い位置にこんな幾何学模様みたいな。丸い穴は何だろう?…

  6. 快晴

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3この…

  7. 風の強い朝・萬代橋

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

  8. 行き先はジャカルタ

    新潟港で船積み待ちの退役車両。9月中旬にフィルムで撮影したポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。