たそがれどき

2014年8月29日 撮影
 残照です。日没後既に30分近く経過してます。
いわゆる”黄昏時”ですね。(題名はあえて平仮名で表記)
”たそがれ”=”だれぞ そなたは”が言葉の語源という。
陽が沈み暗くなりかけて相手を識別しづらい時など
「あの人、誰だっけな~」と暗くなる中で思いを巡らし
目を凝らしている様がイメージ出来ます。
 この頃になると朝晩は夏の暑さも少しは和らいできて
秋の気配を感じさせる夕焼が街の何処からでも見られます。
 染まる雲も高くなってきたようです。
 RVP100 35㍉ NikonF5兄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今年初の夕焼けカット

日の出直前の鳥屋野潟

関連記事

  1. 雲映す田んぼ

     暑い。寝汗をかく。4時起床。今日も間違いなく暑くなる。そんな感じの太陽の光…

  2. 入道雲の季節

    自転車で家に戻ると、田んぼの向こう側からモクモクと白い塊が互いに重なり、また…

  3. カール雲

     お馴染み、家の前、田んぼからの夕焼け空です。道路脇の歩道上から田んぼと民家…

  4. 稲の朝露

     海の日、でも仕事。出勤前に田んぼの朝露の撮影。「この時期、稲は盛んに水分を…

  5. 田植え直後の夕焼け

     夕方7時前、西の空が茜色になる。田んぼが夕日を映し出しているシーンが欲しか…

  6. 月映す水田

     自転車での帰宅途中、東の空に月が昇る。満月は明日だが見た目はまん丸。薄い雲…

  7. 花咲く稲穂

      「ほら、見て。アレが稲の花。わかる?見える?」近くに住んでいるという奥さ…

  8. 「収穫の秋」到来

     昼過ぎ、帰宅後、たわわに実った稲穂を撮影した。もうじき稲刈りが始まると思う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。