ホタテなキノコ

これって、ナニ?

ホタテ貝を朽ちた木の根元にブスッと刺したみたいなヤツ。

色は皆さんのご覧になっているモニター画面でかなり差があると思うのだけど、んん・・えび茶色?かな。

【サルノコシカケ】、もしくは・・その仲間?

・・・判りませんねぇ~・・・

その判らないまま、ああでもない、こうでもない、とアングルを執拗に変えながら、とんでもない回数を撮っていたのでありました。

RICOH・GRⅡ  8日 上越市板倉区古城跡地にて

7人展

昨日の15日、新潟市の砂丘館で開催されていた同上の写真展を観に行ってきた。

玄関をガラガラ~と開けて、狭い廊下を通って、土蔵出入り口の暖簾をくぐったら、あれまぁ~な世界が待っていた。

スナップフォトの迫力すんごいですね。人いきれ、雑踏の音や臭いまで感じるんだ。自分がその目線で対峙しているような感覚だし。

驚きましたねぇ~。

ものすごく生きてるんです、どの絵もみんな。

秘かに敬愛するA氏の写真がド~ンと正面に飾ってあって、しばらく立ち止まり、魅入ってしまいました。

そして振り返ったら、そのA氏がニッコリと笑いながら立っている。

「これ1年で撮ったのですか?」・・いやぁ~・・恥ずかしい質問しちまったなぁ。

「ハハハッ、2,3時間です!」

ものすごいエネルギーです。呼吸する力でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

予期せぬ朝焼け・福島潟

関連記事

  1. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. ハルジオンにヤブキリ?

    花は間違いなくハルジオンだ。花弁が細くごちゃついているし、蕾も下を向いている…

  4. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  5. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  6. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  7. かたつむり・・久しぶり

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミですよ」私「も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。