ホタテなキノコ

これって、ナニ?

ホタテ貝を朽ちた木の根元にブスッと刺したみたいなヤツ。

色は皆さんのご覧になっているモニター画面でかなり差があると思うのだけど、んん・・えび茶色?かな。

【サルノコシカケ】、もしくは・・その仲間?

・・・判りませんねぇ~・・・

その判らないまま、ああでもない、こうでもない、とアングルを執拗に変えながら、とんでもない回数を撮っていたのでありました。

RICOH・GRⅡ  8日 上越市板倉区古城跡地にて

7人展

昨日の15日、新潟市の砂丘館で開催されていた同上の写真展を観に行ってきた。

玄関をガラガラ~と開けて、狭い廊下を通って、土蔵出入り口の暖簾をくぐったら、あれまぁ~な世界が待っていた。

スナップフォトの迫力すんごいですね。人いきれ、雑踏の音や臭いまで感じるんだ。自分がその目線で対峙しているような感覚だし。

驚きましたねぇ~。

ものすごく生きてるんです、どの絵もみんな。

秘かに敬愛するA氏の写真がド~ンと正面に飾ってあって、しばらく立ち止まり、魅入ってしまいました。

そして振り返ったら、そのA氏がニッコリと笑いながら立っている。

「これ1年で撮ったのですか?」・・いやぁ~・・恥ずかしい質問しちまったなぁ。

「ハハハッ、2,3時間です!」

ものすごいエネルギーです。呼吸する力でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

予期せぬ朝焼け・福島潟

関連記事

  1. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。