ホタテなキノコ

これって、ナニ?

ホタテ貝を朽ちた木の根元にブスッと刺したみたいなヤツ。

色は皆さんのご覧になっているモニター画面でかなり差があると思うのだけど、んん・・えび茶色?かな。

【サルノコシカケ】、もしくは・・その仲間?

・・・判りませんねぇ~・・・

その判らないまま、ああでもない、こうでもない、とアングルを執拗に変えながら、とんでもない回数を撮っていたのでありました。

RICOH・GRⅡ  8日 上越市板倉区古城跡地にて

7人展

昨日の15日、新潟市の砂丘館で開催されていた同上の写真展を観に行ってきた。

玄関をガラガラ~と開けて、狭い廊下を通って、土蔵出入り口の暖簾をくぐったら、あれまぁ~な世界が待っていた。

スナップフォトの迫力すんごいですね。人いきれ、雑踏の音や臭いまで感じるんだ。自分がその目線で対峙しているような感覚だし。

驚きましたねぇ~。

ものすごく生きてるんです、どの絵もみんな。

秘かに敬愛するA氏の写真がド~ンと正面に飾ってあって、しばらく立ち止まり、魅入ってしまいました。

そして振り返ったら、そのA氏がニッコリと笑いながら立っている。

「これ1年で撮ったのですか?」・・いやぁ~・・恥ずかしい質問しちまったなぁ。

「ハハハッ、2,3時間です!」

ものすごいエネルギーです。呼吸する力でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

予期せぬ朝焼け・福島潟

関連記事

  1. Catch・カワセミ

     梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミで、…

  2. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  3. 八重のドクダミ

    RICOH・GRⅢ写真は6月6日、実家前の大輪寺境内で撮影してる。本…

  4. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  5. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

  6. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  7. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  8. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。