ホタテなキノコ

これって、ナニ?

ホタテ貝を朽ちた木の根元にブスッと刺したみたいなヤツ。

色は皆さんのご覧になっているモニター画面でかなり差があると思うのだけど、んん・・えび茶色?かな。

【サルノコシカケ】、もしくは・・その仲間?

・・・判りませんねぇ~・・・

その判らないまま、ああでもない、こうでもない、とアングルを執拗に変えながら、とんでもない回数を撮っていたのでありました。

RICOH・GRⅡ  8日 上越市板倉区古城跡地にて

7人展

昨日の15日、新潟市の砂丘館で開催されていた同上の写真展を観に行ってきた。

玄関をガラガラ~と開けて、狭い廊下を通って、土蔵出入り口の暖簾をくぐったら、あれまぁ~な世界が待っていた。

スナップフォトの迫力すんごいですね。人いきれ、雑踏の音や臭いまで感じるんだ。自分がその目線で対峙しているような感覚だし。

驚きましたねぇ~。

ものすごく生きてるんです、どの絵もみんな。

秘かに敬愛するA氏の写真がド~ンと正面に飾ってあって、しばらく立ち止まり、魅入ってしまいました。

そして振り返ったら、そのA氏がニッコリと笑いながら立っている。

「これ1年で撮ったのですか?」・・いやぁ~・・恥ずかしい質問しちまったなぁ。

「ハハハッ、2,3時間です!」

ものすごいエネルギーです。呼吸する力でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

予期せぬ朝焼け・福島潟

関連記事

  1. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  4. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  5. 雪肌

    吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が…

  6. 清流のカワガラス

     清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない方で…

  7. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  8. 海老反り・白花カタクリ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。