焼けそうで 焼けない鳥屋野潟

昨日の14日、新潟市秋葉区で行われた競技かるたの全国大会に娘が出場した。

初戦敗退。

東京都の頭の良さそうな男子高校生に4枚差で負けた。

娘は前日の13日、新潟市内のとある公民館でこの大会に出場するであろうフランス人男女と試合形式で対戦し、いずれもコテンパンにやられている。

話にならないぐらいだったらしい。

フランスでは日本ブームが起きていて、小倉百人一首やその競技かるたも授業で学んでいるんだそうだ(娘が彼らから聞いた話)。

娘にとってはある意味、良い経験だったと思う。

写真

今日15日の夜明けは期待してもいいかも・・と思わせておいて、やっぱりヤ~メタで終わった朝焼けでございました。

これは期待するでしょ。

上空高い雲が染まり始めたのですから、ソワソワし出すのは当然だ。

思わせぶりで終わった原因は太陽が上る辺りの雲が厚かったのでしょうか。

*Facebookページ版で【S】サイズに変換した画像を貼り付けてます。

RICOH・GRⅡ f/5.6 1/15秒 ISO100 5時44分 鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セイタカアワダチソウの花芽の下

午前5時48分の鳥屋野潟

関連記事

  1. 雨雲の下層面ってこんな凸凹?

    8日、鳥屋野潟の夜明けですね。こちらはリバーサルフィルム。コ…

  2. 採らずに撮った冬きのこ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1…

  3. 眩しい鳥屋野潟

    写真は5月22日、リバーサルフィルム。モヤッとな朝焼けが続い…

  4. 琥珀色の中・鳥屋野潟

    今朝、4時42分の鳥屋野潟。ムンムン蒸し蒸し。湿度を測ったら相当…

  5. 「大したことない」朝焼け

    「なんだ、大したことないんだな」・・周りに聞こえる声に振り向いた。上沼橋の…

  6. ロウバイ・雫花

     雨脚が弱まって、しばらくしてロウバイの花を撮影してみました。花びらから滴り…

  7. 菖蒲(あやめ)

    2015年5月10日(日)撮影 鳥屋野潟公園 ”流れ“の小路沿いの菖蒲(あや…

  8. 燃える帯雲・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ(15/5/2020)久々、ん・・? こんな朝焼けは久…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。