焼けそうで 焼けない鳥屋野潟

昨日の14日、新潟市秋葉区で行われた競技かるたの全国大会に娘が出場した。

初戦敗退。

東京都の頭の良さそうな男子高校生に4枚差で負けた。

娘は前日の13日、新潟市内のとある公民館でこの大会に出場するであろうフランス人男女と試合形式で対戦し、いずれもコテンパンにやられている。

話にならないぐらいだったらしい。

フランスでは日本ブームが起きていて、小倉百人一首やその競技かるたも授業で学んでいるんだそうだ(娘が彼らから聞いた話)。

娘にとってはある意味、良い経験だったと思う。

写真

今日15日の夜明けは期待してもいいかも・・と思わせておいて、やっぱりヤ~メタで終わった朝焼けでございました。

これは期待するでしょ。

上空高い雲が染まり始めたのですから、ソワソワし出すのは当然だ。

思わせぶりで終わった原因は太陽が上る辺りの雲が厚かったのでしょうか。

*Facebookページ版で【S】サイズに変換した画像を貼り付けてます。

RICOH・GRⅡ f/5.6 1/15秒 ISO100 5時44分 鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セイタカアワダチソウの花芽の下

午前5時48分の鳥屋野潟

関連記事

  1. アカバナマンサク

    アカバナマンサク前回、「ピロピロとマンサクの花」を掲載したが、すぐ近…

  2. 葉っぱのピアノ

    “葉っぱのピアノ”の前でまさに鍵盤を叩こうとするカマキリに出会った。その目…

  3. アナタに花束をあげよう

    RICOH・GRⅢスポーツ公園内の小径を歩いてたら目の前にデロンと現れた…

  4. どうしちゃったんだろ・朝焼け

    RICOH・GRⅢ4月下旬から出勤前の朝焼け撮影を再開してるが、「おぉ~…

  5. ハラビロカマキリ

     たぶん、きっと、ハラビロカマキリだろう。黄緑色で胴がデップリしているし、よ…

  6. 鳥屋野潟・ミルメーク

    まるで、コーヒー牛乳みたいな色合いに染まりました。記憶が確かなら、6月6日…

  7. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  8. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。