露に一葉/紋白蝶

逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。

躰は今だ露をまとったままでいます。

そんな彼女さん(男かもしんない)にゆっくり近づいて、慎重にパシャリ。

蝶は朝露に濡れているから、ほぼ逃げませんが、朝露が問題なのですね。

草藪は互いに抱きついたり、抱かれたり、絡みついたりしていますから、踏み出す一歩が揺れを起こし、揺れた仲間が背後の同僚を呼び寄せるのです。

その度にハラリ、ポロリ、露がこぼれ落ちるのですね。

足元のすぐ先ならまだしも、2,3歩先のエノコログサが左右前後に傾くと、かなり緊張し、そんなに体を動かしたわけでないのに一気に疲れます。

それに、近づくのに時間を掛け過ぎた感じがします。

私の目にした蝶はもっとビッシリと露がまとわりついていましたから。

一発目の姿がかなり強烈に脳裏に焼き付いたのですね。

寒露

撮影した10月8日は二十四節気の一つ『寒露』。

澄んだ冷気漂う夜明けとまではいきませんでしたが、足早に訪れる秋の気配を確かに感じた朝でした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  福島潟

この後、新潟マラソンの応援に出掛けたのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“出勤前の朝焼け撮影”今季最終コマ

セイタカアワダチソウの花芽の下

関連記事

  1. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  2. 9月の太陽

    この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプ…

  3. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  4. 霜花

    昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うござい…

  5. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  6. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  7. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  8. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。