露に一葉/紋白蝶

逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。

躰は今だ露をまとったままでいます。

そんな彼女さん(男かもしんない)にゆっくり近づいて、慎重にパシャリ。

蝶は朝露に濡れているから、ほぼ逃げませんが、朝露が問題なのですね。

草藪は互いに抱きついたり、抱かれたり、絡みついたりしていますから、踏み出す一歩が揺れを起こし、揺れた仲間が背後の同僚を呼び寄せるのです。

その度にハラリ、ポロリ、露がこぼれ落ちるのですね。

足元のすぐ先ならまだしも、2,3歩先のエノコログサが左右前後に傾くと、かなり緊張し、そんなに体を動かしたわけでないのに一気に疲れます。

それに、近づくのに時間を掛け過ぎた感じがします。

私の目にした蝶はもっとビッシリと露がまとわりついていましたから。

一発目の姿がかなり強烈に脳裏に焼き付いたのですね。

寒露

撮影した10月8日は二十四節気の一つ『寒露』。

澄んだ冷気漂う夜明けとまではいきませんでしたが、足早に訪れる秋の気配を確かに感じた朝でした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  福島潟

この後、新潟マラソンの応援に出掛けたのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“出勤前の朝焼け撮影”今季最終コマ

セイタカアワダチソウの花芽の下

関連記事

  1. 霜降・雨濡れとんぼ

    カメラ店で仕上がりスリーブを受け取り、その場で発色具合をチェック。撮っ…

  2. 眠れたかい? エノコログサの懐で一夜を明かしたア…

    エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。夜明けは冷え込んだから、…

  3. ハスの葉の上で哲学する雨蛙 ・NikonF3&A…

    100TMX Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  4. 水玉とツバメシジミ

    ピントを合わせると夜露に濡れたツバメシジミだった。葉や枝も全て露に濡れてい…

  5. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもし…

  6. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  7. レトロな朝/福島潟

    あらら・・やってしまったかな・・とちょっとは思ったが、じっくり眺めている…

  8. 岸辺の一本の木が一番美しい立ち姿を見せる夜明け前…

    RICOH・GRⅢx画角は35㎜版フィルム換算で40㎜相当。GRⅢxが4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。