逆さカマキリ

家に居るときは大概は床面に対して体が水平になっている。

ゴロンと寝転がった状態で、1回転して手を伸ばし、テッシュを取る。

もう1度回転すると冷蔵庫の取っ手に手が掛かる。

さらに回転し左腕をテーブルへと伸ばすと、テレビのリモコンを握れる。

こんな生活を数年続けていると、立ち上がって二足歩行すること自体が私にはなんだか“衰退的進化”に思えてくるのだ。

社会生活を維持しなくちゃいけないから、少なくとも二足歩行するのは家から出たときぐらいでいいんじゃないの・・って、本気で考えてしまうのだ。

だから、逆さカマキリを眺めていると、

「オイ、大丈夫か?」

とか

「疲れないか?」

なんて、声を掛けたくなるんだな。

推察

この姿勢のまま、じっとして動かずにいたんだ

獲物を待ち伏せか?

それとも産卵でも?

いろんなことを考えていましたが、すぐ脇でハラビロカマキリを発見。

次なる被写体としてパシャパシャやっている最中にコイツを見やると身体が横に。

時間差でまた覗き見ると頭が上。

やっぱ、逆さは苦しいんだ・・そんな結論に達したのでした。

(多分、いつまでもその場にいる私が胡散臭かったのでしょう)

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5 9月30日撮影  鳥屋野潟公園

*鳥屋野潟公園では10月の1カ月間、【カマキリ祭り】を開催中と聞いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蘇るホオズキ

秋の夕空

関連記事

  1. モンシロチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影雲行きが怪しくなって、風が出てきた。…

  2. 桃色目玉

    とみとみのブログ、白(白花カタクリ)、緑(フキノトウ)ともってきたん…

  3. 銀鼠・ウラギンシジミ

     遠くからその存在を認めつつも、ガムの包み紙と思っていた。近づいて、それが生…

  4. 曼珠沙華・紅い花

    RICOH・GRⅢ万曼珠沙華が咲き出した。彼岸になれば必ず姿を見せる…

  5. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな…

  6. 6月22日午前4時7分

    夏至を一日過ぎた22日の鳥屋野潟。太陽の位置はよく判らないけ…

  7. 水面色づく鳥屋野潟の夜明け

    先月27日の写真になります。「燃えさかる」朝焼けではありませんでしたが、水…

  8. 山茶花・枯れ姿

    12日早朝、近くの公園で山茶花の枯れ姿を撮影してみました。カメラを持…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。