夜の終わり/鳥屋野潟

依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。

早速受取に行って、仕上がり具合を確認したんだけど、こんなシーン・・いつ・・撮った?・・と訝ってしまうコマがたくさんあった。

頭の中でその一つ一つを思い出す為に撮影日誌を読みかえし、カレンダーと睨めっこしながら撮影日を明らかにしていくのは、ポンコツ頭にはかなり酷な作業といえる(反面それが楽しいかも)。

一方でデジタルカメラはカメラ内部で再生モードにしたり、パソコンに取り込んだ画像をクリックしたりすると撮影データがパッと出てくる。

それが良いのか、悪いのかは人それぞれなんだが、僕の場合ちょうどその狭間に立っているから、頭の切り替えが上手くいかないのだ。

まぁ、いずれ、“時”というものが自然に解決してくれるのだろう。

写真は9月10日に撮影しています。

『黄色い夜明け』と題した写真を既に投稿していますが、記述にもあるようにこの写真は夜明けの前半部分になります。

スリーブをライトボックスにのせてルーペで覗いたら、「あっ、これ・・ ベルビア100(フィルム)の色!」と、思わず声をあげてしまいました。

他の人はどう思うかわかりませんが、フィルムの発色には人肌を感じます。

それがフィルムから離れられない理由でもあるのですね。

ポジフィルムをスキャンして、どれだけ【柔らかさ】が浮かび上がってくるのか戸惑います。ですが、少なくとも目の前のその原板を見飽きることはありません。

・・・/

・・砂肝をつまみに発泡酒3本目の状態で書いている・・

RVP100 Ai-Nikkor 35 f/2s NikonF3   鳥屋野潟 10日の撮影だよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

半分、赤い・・鳥屋野潟

鳥屋野潟のコムラサキ

関連記事

  1. 紅差す鳥屋野潟

     金星が東の空低く輝いている中、闇夜が静かに割れていく。星を撮影しようと上沼…

  2. 鳥屋野潟のコムラサキ

    17日、夜明けの鳥屋野潟を撮影しようと出掛けたが雲が厚い。諦めて、そ…

  3. サンシュユの花

     フィルム写真にこだわっている。タイムリーな掲載が出来ないと判っているが、春…

  4. 半ベソかく前の鳥屋野潟

    先月21日に掲載した『半ベソかいた鳥屋野潟』の数分前にリバーサルフィルム…

  5. 燃えない鳥屋野潟、追いつかない頭

    最近、朝は燃えないどころか曇っていて、知らずに白んでいるケースが多い…

  6. Ice Fish

    これ、凍り付いた水溜まりの一部をを真上から切りとった。ブクブ…

  7. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  8. 朝焼けと爺さん

    じいさんは既に80過ぎ。自動車免許の更新を控えていて、「今回で駄目か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。