赤い蓋・福島潟

そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が横たわっておりました。

手前岸寄りの黒くごちゃついた部分はコウホネとヒシの群落。

リバーサルフィルムで撮影している。

デジカメを手にしてからフィルムカメラの出番が極端に少なくなったが、この時は迷わずNikonF3に御登場いただいた。

デジカメの“即効性”にはひれ伏すばかり。

なのにデジカメでこのシーンを1枚も撮影していない。

とんでもないヘマを演じてしまった(正直言うと“ヘマ”なんて思ってないかも)。

頑固な頭のある意味回転の悪さがこうした場面に直面すると表立つ(正直言うとNikonF3とそのレンズにこの景色を観てもらいたい気持ちもあった)。

頭の回転の悪さと言えば、リコー・GRⅡの中のデータをパソコンへ転送したはずが、一部の写真データを消去してしまった。

パソコンのゴミ箱フォルダーもスッキリに。

ついでにカメラ本体のデータも消してしまった。

気に入っていた鳥屋野潟の朝焼けの2カットまで完全消去してしまいました。

NikonF3 

オーバーホールしたFの三番にスリーブのコマ間隔のバラツキが目立っていた。

そのため再調整に1カ月以上“入院”していた相棒が痩せ細った姿で戻ってきた。しばらく触らないうちに、垢抜けてよそ行きの顔をしている。

今回の撮影はその“試写”を兼ねている。

現像後のスリーブのコマ間隔はと言うと・・正直・・なんだか微妙。

確かによくなってはいるが・・・んん・・気持ちの問題としておこう。

巻き上げているのを忘れて、さらにレバーに指を掛けた際の負荷がコマ間隔のバラツキの原因か?(気になりだすと粗探しを始める)

銀塩カメラにしろデジタルカメラにしろ、心して撮影できないでいる。ソワソワした感じがつきまとっているんですね。

RVP100 Ai-Nikkor 35 f/2s NikonF3  福島潟 8月下旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

母ちゃんの中条祭り

半ベソかく前の鳥屋野潟

関連記事

  1. 夏草の中

    セスジイトトンボでしょうか、空中ですれ違いざま、雄が雌を捕まえる瞬間に出…

  2. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  3. 葉陰蝶・キチョウ

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの…

  4. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  5. あかね雲たなびく福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF…

  6. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  7. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。