東雲色の鳥屋野潟・水分量の多い大気・朝焼けはこんな感じ


2015年5月1日(金)撮影

上沼橋4時過ぎ到着。雲はありませんが、春特有の朝の大気が上空を薄く覆っていました。

水分を多く含んだ大気のせいで、遠く山際が霞みがかって見えます。昇ってくる太陽の陽を反射して、やがて赤く染まり出すのですが、この日は、文字通り”東雲色”の朝焼けを眺めることが出来ました。

春霞が濃いのでしょう、顔をのぞかせた太陽はいつになく弱々しく見えます。しかし、その周辺部はいよいよその濃さを増し、拡がる一方で、水面(みなも)にも綺麗な色合いで映し出されていました。

「こんな状態で、雲が薄くたなびいていれば、清少納言のあの有名な一節そのものだな」なんて思いはしたが、腕時計を確認して一気に現実に引き戻されました。

「はよしねば、まにあわね」(早くしないと、間に合わない)。

出勤時間が近づいていました。

RVP100 105㍉ NikonF5

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

前のページ

次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む