意地悪な雲・福島潟

上層雲のウロコ雲なのか、中層雲のヒツジ雲なのか、どっちでもよいのですが、あと数十分早く稜線へと流れていれば、どんな朝焼けになっただろう・・などとタラレバの世界を考えてしまいました。

実際に夜明け前からその場にいたのですが、雲の動きのなんと鈍いこと。

駄目だ。

こういうマイナス思考は成長を止めてしまう。

心せねば!

ちょっと、タイミングが合わなかったかなぁ~

・・そう考えることにしよう。

でも、「意地悪な雲だっ!」と、一言、愚痴りたい。

デジカメ

リコーのGRⅡを手に入れた。

ずっと前から従来のフィルムカメラに換算して28㎜単焦点レンズの搭載に魅力を感じ、興味があった。

ボデイーの形状も旧型機種とほとんど変わらないし。

それが近々新製品が出るらしく、日を追うごとに値を下げていった。

パソコンに詳しい奥様にちょこっと話したら、色々とチェックしていたみい。

「フィルムもいいけど、あんた、まともな写真撮ってないじゃん!」

「月々渡すアンタの小遣いを削るから、今のうちに買えば?」

と言うわけで、この写真はそのカメラで撮った。

取説を読んでいるが、適切な使い方を理解しないまま撮っている。

並行して35ミリ広角レンズを付けたNikonF3でも撮影していますが、現像が出来上がってきたらじっくり見比べてみることにしよう。

潰瘍性大腸炎

本日、1発目の術後検診で会社を休んだ。

また2カ月間の薬を処方される。昨年から色々とガタが出てきている。

RICOH GRⅡ 新潟市・福島潟  8月20日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

音のしない鳥屋野潟

半ベソかいた鳥屋野潟

関連記事

  1. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  2. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  3. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

  4. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  5. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  6. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのドキュ…

  7. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

    • くわたろう
    • 2018年 8月 20日

    こんばんは。
    まずは、GR入手おめでとう。
    これで、撮った当日にアップできますね。

    昨日の朝よりも、雲が多かったようですね。
    その空の様子を広く入れて、いい感じです。

    体に気を付けて無理せずデジカメも楽しんで下さい。

    •  GRⅡの操作の仕方、よく分かりません。
      同じ価格帯のデジカメに比べたら「使いやすい」らしいけど、その境地に達してないです。
      仕上がりの色合いは派手さが全く無いのが気に入っています。
      いろんな撮影モードを確認しないせいもありますが。
      とにかく自分なりにカスタマイズ出来るみたいなので、早く覚えないと!
       体調、変だなぁ~  会社でも少し横になってます。
      重い物を持つとすぐ疲れてしまいますが、GRⅡとNikonF3はその点、大助かり。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。