鳥屋野潟 一瞬のポワ~

15日の鳥屋野潟の朝焼け。

日の出時刻が4時21分になった。夏至の前後はこの時刻が動かなくなる。

数日過ぎると昼時間が短くなっていく。

けれども夏が放つ光線があまりにも直線的で強烈なものになっていくから、移ろう季節に鈍感になっていくのですね。

ところが、いつの日か四季の変化に気づく時が必ずくる。アスファルト上の陽炎や、頰を撫でるそよ風や、もしくは耳元でそれが渦を巻いたりする音色で。

すると途端に、なにかやり残したような寂しい気持ちになってしまう。

夏至を過ぎると、登っていた坂道を逆に転がり落ちていくようで、切なくなる。

写真

ちぎれ雲が低く流れてきました。

それが画面の中に綺麗に入り込んだ頃に朝焼けのクライマックスを迎えてくれた。3つ並んだ雲の輪郭が朝焼けで際立つのを望んでいたが、それは起きなかった。

染まった時間は5分ぐらいでしょうか。

「折角来たのだから、ちょっとだけね」と言わんばかりに、ポワ~と膨らんで、すぐにシュポッと萎んでしまいました。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF3   新潟市・鳥屋野潟 15日撮影

*湖面の一部にスキャン時のモスキートノイズが発生しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

半端ないほど翅をなくしたエンジェル

命尽きる トンボ

関連記事

  1. モカ色な鳥屋野潟

    きのう掲載した写真の2,3分前、半分眠った状態で撮影しています。最近、会社…

  2. 山茶花・枯れ姿

    12日早朝、近くの公園で山茶花の枯れ姿を撮影してみました。カメラを持…

  3. 春の朝陽に目覚める欅

    RICOH・GRⅢ「春の朝陽」と書けば「照らされ」と続くけど、この場合は…

  4. 狐色の実

    振り向く人も、まして、足を止めて覗き込む人もなく、氷雨に濡れる狐色の…

  5. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

  6. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている。…

  7. きのこ一家

    2015年9月12日(土)撮影 『森のきのこ』撮影場所からわずか3,4㍍、三…

  8. 七月の朝がもうじき?

    今日は台風15号の影響で「朝、もしかすると焼けるかも」と思って鳥屋野…

コメント

    • くわたろう
    • 2018年 6月 21日 7:37pm

    良い色。しばらくこういうのを見てないなぁ。

    • こんばんは・・思い出した! 
       お会いした後に「アカシジミ」を初見。草木の根元にいて、2枚撮りましたがブレてます。
      「アカシジミ」と判る程度でしょうか。
       鳥屋野潟の写真ですが、この日以降、湖面上に浚渫船がお出ましになりました。
      15日の他に、たしか2日ほど綺麗な朝焼けが臨めましたが、フィルムはカメラボディーの中。
      金欠病で少しずつ撮っている状態です。
       いつも、観て頂き有り難うございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。