今になって『タラの芽』の写真

昨夜、タラの芽を食べている夢を見た。

故郷の胎内市の飲み屋で同級生の仲間と二人してカウンターに座ってビール飲みながら食べているんだ。何故か、手酌で飲んでいる。

目の前にタラの芽の盛られた皿があって、盛り付けがあまりにも大胆過ぎて、箸で摘まもうとしたら、上から雪崩れてしまう。

皿からこぼれ落ちたタラの芽を摘まんで食べようとしたら、カウンターの向こうにいる女が「温めるね」と言って、二度揚げしたんだな。そしたら、あまりにもデカくなって口に入らない。

そんな夢。

起きたら3時半。

もう明るくなり始めていた。朝焼けが起きそうもなく、布団の中でタラの芽の夢を回想していた。

思えば今年はタラの芽を一度も口にしていない。

夢の中では天ぷらで揚げたタラの芽を塩をちょこっと付けて食べていたんだが、リアルだったなぁ。食感がモロに思い出せるんだ。箸を置く音も。

写真は5月上旬、旧笹神村滝沢の水芭蕉公園駐車場の手前にポツンと立っていた3本のタラの芽のひとつ。

3本だけこれ見よがしにあるんだ。ものすごく目立つ。

だから、誰も採ろうとしない(もしくは早めに採ってしまた後の新芽?)

ところが、ある日、3本のうち2本がもぎ取られた。それをオイラが偶然目にしていた。近くに居て・・。

すかさず、「ありがとうね。お地蔵さんのお供えにしてもらって」「どう、お礼したらいいかな」。近づいて「どこから来た?」と声を掛けたら・・そのタラの芽をその場に置いて行っちまった。

3本のタラの芽はすぐ近くにあるお地蔵さんのために残してあるヤツなんだな。

写真のような状態になっているのに、食べる気だったのだろうか。この状態で食べれるのかなぁ?

RVP100 AI-Nikkor  180 f/2.8s ED NikonF5 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雨蛙・祈りの時間

ジュンサイ摘み

関連記事

  1. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わせが…

  2. 深山茜(ミヤマアカネ)

    ホバリングしている姿を正面から眺めると翅の茶色い帯が空中に弧を描く。…

  3. 春の色/一番

    昔から、私の春一番は土筆でなくフキノトウに決まっている。コイツを見つ…

  4. トラップ

    トラップに捕まったチョウトンボ。岸辺脇の藪道、僕の進む足元か…

  5. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  6. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり…

  7. 透かしホオズキ

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  8. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。