蕾の中のチビバッタ

膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい。

慎重な足運びで近づいたわけでなく、「あの花はなんだろう」とガサガサ歩いて、ほぼ真上から覗き込んでみたら、蕾の内側にへばり付くような格好でいたのですね。

緑色の小さなバッタはよく見かけていますが、茶色いバッタは見慣れていないせいか、かなり地味な装いと感じました。

バッタちゃんだけでなく蕾全体の姿が判るような位置から。

背後は林脇の緑。その緑の濃淡がどうも気になってしまうのですね。人の目で見ても緑の濃淡がこの上ないのだから、フィルムだと更に強調されてしまう。

デジタル写真にありがちな“色のあとのせ”は好きでない。それなもんで、少しオーバー目に露出をかけています。濃淡が少しはとろけるだろうと。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5    胎内平  5月中旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アジアイトトンボの若娘

水中から地上そして空へ

関連記事

  1. おおさど丸

    ~過去写真から~新潟と佐渡両津を結んでいたカーフェリー「おおさど丸」…

  2. カブトムシ屍

    これも現実なのですね。サンダル履きで出掛けられる公園内でもこ…

  3. 山影蒼く・ノビタキ

     大きな川を隔てて蒼く沈んだ山肌は新発田市米倉の山々。野焼きの煙がほどよく地…

  4. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。…

  5. 見得を切るハラビロ

    獲物に飛びかかろうとした矢先に僕に見つかってしまったカマキリは新潟市…

  6. 母校の桜を見上げてみた

    RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3 胎内市…

  7. ネコヤナギにシジュウカラ

    ネコヤナギにシジュウカラがとまってくれました。雪が消え、ネコヤナギが…

  8. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

コメント

    • くわたろう
    • 2018年 5月 24日

    良いシーンに出合えましたね。ずいぶん前に似たような場面を撮ったことがあって、
    もう一度と願っていますが叶いません。今年も難しそうな気配です。

    • どうも。これがルリタテハにフラれた後に出会った小さなバッタです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。