蕾の中のチビバッタ

膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい。

慎重な足運びで近づいたわけでなく、「あの花はなんだろう」とガサガサ歩いて、ほぼ真上から覗き込んでみたら、蕾の内側にへばり付くような格好でいたのですね。

緑色の小さなバッタはよく見かけていますが、茶色いバッタは見慣れていないせいか、かなり地味な装いと感じました。

バッタちゃんだけでなく蕾全体の姿が判るような位置から。

背後は林脇の緑。その緑の濃淡がどうも気になってしまうのですね。人の目で見ても緑の濃淡がこの上ないのだから、フィルムだと更に強調されてしまう。

デジタル写真にありがちな“色のあとのせ”は好きでない。それなもんで、少しオーバー目に露出をかけています。濃淡が少しはとろけるだろうと。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5    胎内平  5月中旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アジアイトトンボの若娘

水中から地上そして空へ

関連記事

  1. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

  2. 生まれたてトンボ

    からだの色合いから羽化後間もないのだろう。ただし、判る範囲はそれくらいでどん…

  3. 深山茜(ミヤマアカネ)

    ホバリングしている姿を正面から眺めると翅の茶色い帯が空中に弧を描く。…

  4. 葉っぱが動く?

    山の入り口を歩いていたら、葉っぱが動いた。すぐに立ち止まって、その方を見や…

  5. いっぱい光を浴びなさい

    今のうちに沢山の光を浴びなさい。太陽が照っているうちに思いっきり葉を…

  6. 釣れたのは鯛ではなく亀だった・・

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

  7. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  8. 夏の夕暮れ時

    14日、夕暮れ時と言っても、まだ6時前のことですが、新発田(しばた)市の…

コメント

    • くわたろう
    • 2018年 5月 24日

    良いシーンに出合えましたね。ずいぶん前に似たような場面を撮ったことがあって、
    もう一度と願っていますが叶いません。今年も難しそうな気配です。

    • どうも。これがルリタテハにフラれた後に出会った小さなバッタです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。