鳥屋野潟の日の出

2015年4月26日(日)撮影
 19日に撮影した写真と同じような構図の写真で失礼します。
太陽の昇る位置が左に移動しているのが分かりますか。それを
知っていただきたく掲載しました。季節の移ろいを感じます。
夏至まで左に移動し、その後はUターンして右に引き返すだろう。
 朝焼けが起きない!昨年は6月に入り真っ赤な夜明けを独り占め
したけど、今年は前兆すら感じられない。
何でだろう?。昨年騒いだ中国のPM2.5の影響が一段落したせい?
それとも、大気中の水分量の違いかな。朝方は太陽光が地球に対し
斜めから差してくるから波長の長い赤色だけが大気中で生き残る。
だから「赤い」と感じるのだが、そんなのどの季節でも一緒だよな。
 真っ赤な太陽だけでもパシャリとやったがこれまた白い太陽だ。
よっぽど露出を切りつめないといけないが、そうすると周りが黒く
潰れてしまう。赤い太陽はアップ撮影でないと無理なのかな。
 RVP100 105㍉ NikonF5 上沼橋からスタジアムを望む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日没

綿毛

関連記事

  1. 広がる朝焼け/鳥屋野潟

    台風の影響か、夜明け前からムッとする南風が時折吹いて、その度に岸辺から沸…

  2. 蛸足絞り・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ本日29日の鳥屋野潟。時刻は5時28分になります。…

  3. 採らずに撮った冬きのこ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1…

  4. 燃えない鳥屋野潟、追いつかない頭

    最近、朝は燃えないどころか曇っていて、知らずに白んでいるケースが多い…

  5. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  6. 天女はどこへ消えた? 

    天女の羽衣みたいに見えたのは気のせいかな。現像が出来上がってくる間、「露出…

  7. 菖蒲(あやめ)

    2015年5月10日(日)撮影 鳥屋野潟公園 ”流れ“の小路沿いの菖蒲(あや…

  8. 黄花とカマキリの卵

    2015年10月12日(祝)撮影 セイタカアワダチソウにカマキリの“卵”がた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。