トキワハゼ

最近、その辺の公園でよく見かけます。

調べて見ると、寒い冬以外は咲いているらしい。春だけだと思っていたのは、意識していなかっただけかも知れない。

「トキワ」は「常磐」と書く。「永遠とか恒久」という意味があるから「年中見られる花」ということか。

それにしてもよくよく観ると結構キレイで“美人”なんだな。

足で踏んづけても気にしてなかったし、写真で撮る対象でもなかった。「いても、いなくても、どうでもよい存在」だったのに、なんで撮影したんだろう。

凡庸な存在は見失いがち・・・そのことに気がついただけでも”ヨシ”としよう。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF3   新発田市 5月中旬撮影

左目でファインダーを覗く弊害

メガネの右表面レンズが傷だらけになった。

表面のコーティングが剥がれただけでなく、キズがサッ、サッと付きまくっている。

メガネをかけていて気になる程度でないのだが、メガネを外して、何気に眺めただけでもキズは容易に確認出来る。

これ、NikonF3のフィルム巻き上げレバーが当たったせいなんだな。

私は左目でファインダーを覗く。1枚撮ってはファインダーから目を離し巻き上げレバーを操作して、また覗き込む。

その時によく右目のレンズが巻き上げレバーにぶつかっていた。

NikonF5は自動巻き上げだからいちいちファインダーから目を離す必要がない。それとNikonF3には悪いがピントの合わせ易さはF5が断然いい。

思わぬ弊害にぶち当たったもんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

待ち焦がれる陽の光

朝露トンボ

関連記事

  1. RICOH GRⅢx・冷たいコンテナヤード

    RICOH・GRⅢ「寒い」と言うより「冷たい」と感じたのは露出した首筋に…

  2. 蕗と苔

    ただでさえ湿ったその場所は前夜の雷を伴った激しい雨のせいで、たっぷりと雨水を…

  3. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  4. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  5. 残像

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  6. 体は白黒、ストローは黄色・ゴマダラチョウ

    昨年夏、エノキやコナラの高い所で飛び交っているのを見ていた。「持っているカ…

  7. 杉林の底は温いのだ・水芭蕉

    RICOH・GRⅢx枝葉が幾重にもなった杉林の底床は僅かに射し込む陽の光…

  8. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。