椿の ブチュ~

場所は加茂市か三条市かもしれない保内公園。

苔むした地面に映画のセットと勘ぐりたくなるほどの椿の花が溢れています。

観ているその間でも風のひと吹きでドサッと、崩れ落ちるのですね。

下の枝や葉に当たって、弾んでそのまま苔の上の落ちていく。中には“顔”を伏せてるものもあるし、途中で花びらが離れていくものもある。

雨水もたっぷり含んでいるから余計に“母体”から剥がれやすく、壊れ方も大胆。

風といっても随時吹いていた風でなく、“一陣の風”に近かったけれどね。

遠目で眺めれば薄汚れたレッド・カーペットみたいです。朽ちて尚、妖艶さが辺りに漂っているようにも見えてきます。

ともかく、近づいて自分なりに絵になるような構図を探してみました。

それで判ったのですが、結構それなりに腐った花びらが多いのですね。茶色く変色し、薄汚れた雑巾みたいなものも沢山ありました。

落花を一つ一つ目を通していたら「オッ」となる“熟女”を発見!

なんだかなぁ~

口をすぼめて、チュウを迫っているんだな。撮らずにはいられません。言い換えれば断るにはいかない。

ただし、周りには沢山の落花が散らばっていて、それを構図から外すため、カメラの水平を若干傾けています。

RVP100 AI-Nikkor 24 f/2.8s NikonF3  5月初旬に撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟は霧の中

待ち焦がれる陽の光

関連記事

  1. カナブン/樹液を独り占め

    そして、コイツだけが残った。樹液に集まったカナブンは五匹いた。樹液の周りに…

  2. これで ♂と♀・・? / メスグロヒョウモン

    最初に見た時、ミドリヒョウモンの♂(左)とイチモンジチョウ♂、男同士しかも異…

  3. 夏虫色のカメムシ

    こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅…

  4. カタクリ終い花

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  5. ヤマユリ

    阿賀町・たきがしら湿原半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっか…

  6. 切淵で哲学する雨蛙

    kodak t-max100 ai-micro nikkor 105f4 n…

  7. ショウジョウ花火

    ショウジョウバカマの春花火を打ち上げてみました。「夜空に花開く尺玉・・」を…

  8. 桜葉を抱いた菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。