ナガハシスミレ

花を愛でていると心が豊かになっていく。心が洗われる。

歳を重ねるにつれ、寄り添い度数が増していくのはなぜなのだろう。小さな野花にしても、その可愛らしさを敢えて探し出そうとしている自分がいる。

高坪山の途中で出会いました。ナガハシスミレでしょうか。

後ろへビロ~ンと伸びた嘴(はし)が天狗の鼻に見えるから「天狗スミレ」とも呼ばれているそうな。

山影から陽が射してきた直後だけに、スミレはまだ眠たそう(ピントは左から2番目の花芯に合わせている)。

それにしても背後の朽ち葉がこれほどまで陽を受けて輝くとは思ってもいなかった。

オオルリの美しい囀りのシャワーが降り注ぐ中での撮影。

ReversalFilm AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF3  4月中旬撮影

追伸

前々回、赤ちゃんの足先の写真を掲載しました。その写真と関連性は全くありませんが、足の指先をガバーと開いたり、指先をバラバラ動かせる人ってどれだけいるの。

私は全く出来ない。足の親指を下方へ曲げると全ての指が一緒に動いてしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑葉

まなざし

関連記事

  1. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  2. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  3. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

  4. 色を忘れた紅葉

    灌木の裾からキジでもなくヤマドリでもない、そんな類いの野鳥がヒョッコリ姿…

  5. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  6. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  7. ノコギリクワガタの品格

    8日に出会ったノコギリクワちゃんより一回り大きい。体長50㎜は優に超…

  8. オイラも撮ってケロ!

    2016年4月下旬の撮影林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。