ナガハシスミレ

花を愛でていると心が豊かになっていく。心が洗われる。

歳を重ねるにつれ、寄り添い度数が増していくのはなぜなのだろう。小さな野花にしても、その可愛らしさを敢えて探し出そうとしている自分がいる。

高坪山の途中で出会いました。ナガハシスミレでしょうか。

後ろへビロ~ンと伸びた嘴(はし)が天狗の鼻に見えるから「天狗スミレ」とも呼ばれているそうな。

山影から陽が射してきた直後だけに、スミレはまだ眠たそう(ピントは左から2番目の花芯に合わせている)。

それにしても背後の朽ち葉がこれほどまで陽を受けて輝くとは思ってもいなかった。

オオルリの美しい囀りのシャワーが降り注ぐ中での撮影。

ReversalFilm AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF3  4月中旬撮影

追伸

前々回、赤ちゃんの足先の写真を掲載しました。その写真と関連性は全くありませんが、足の指先をガバーと開いたり、指先をバラバラ動かせる人ってどれだけいるの。

私は全く出来ない。足の親指を下方へ曲げると全ての指が一緒に動いてしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑葉

まなざし

関連記事

  1. 花園ヨシゴイ

     藪の中を出たり入ったりしているうちに、トンネルが出来たのでしょうか。ちょう…

  2. 気まぐれな黄連雀

    「ヤドリギの実を好む」とどこかの本に書いてあったが、これまでヤドリギにやって…

  3. ミツガシワ

    阿賀町・たきがしら湿原5月21日に撮影している。この時点ではちょうど…

  4. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  5. 炎天下のクロイトトンボ

    このトンボ、交尾中のカップルを追いかけ回し、見えなくなるほど遠くへ行っちまっ…

  6. 羊歯とモノサシトンボ

    羊歯(しだ)の傾く姿に寄り添うように翅を休めるモノサシトンボの&#x…

  7. 角田山のイカリソウ

     角田山、灯台コース上で撮影。GW期間中に家族で登山。このコースは海抜0メー…

  8. バカマの素顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。