ナガハシスミレ

花を愛でていると心が豊かになっていく。心が洗われる。

歳を重ねるにつれ、寄り添い度数が増していくのはなぜなのだろう。小さな野花にしても、その可愛らしさを敢えて探し出そうとしている自分がいる。

高坪山の途中で出会いました。ナガハシスミレでしょうか。

後ろへビロ~ンと伸びた嘴(はし)が天狗の鼻に見えるから「天狗スミレ」とも呼ばれているそうな。

山影から陽が射してきた直後だけに、スミレはまだ眠たそう(ピントは左から2番目の花芯に合わせている)。

それにしても背後の朽ち葉がこれほどまで陽を受けて輝くとは思ってもいなかった。

オオルリの美しい囀りのシャワーが降り注ぐ中での撮影。

ReversalFilm AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF3  4月中旬撮影

追伸

前々回、赤ちゃんの足先の写真を掲載しました。その写真と関連性は全くありませんが、足の指先をガバーと開いたり、指先をバラバラ動かせる人ってどれだけいるの。

私は全く出来ない。足の親指を下方へ曲げると全ての指が一緒に動いてしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑葉

まなざし

関連記事

  1. 火星、火山、脳みそ・・

    またまたヘンテコなキノコを見つけた。公園の縁沿い、辺りは芝やらカタバミが生…

  2. 蕗と苔

    ただでさえ湿ったその場所は前夜の雷を伴った激しい雨のせいで、たっぷりと雨水を…

  3. 干潟のツルシギ(秋)

     秋の瓢湖に飛来したツルシギ。北側の沼地で撮影した。まだ池が造成される前と記…

  4. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  5. はじける いのち

    撮影の実際モデルさんは一体誰なんだろう?どこかで見かけたような立ち姿。もし…

  6. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

  7. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  8. バカマ の うなじ

    RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s Nikon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。