蒼い福島潟

 山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。
静寂な闇夜が明けようとしてます。そのうち朝霧が降りてきて遠く車の
ヘッドランプがぼんやりと曇って見えるようになりました。
 岸辺に降りて長靴を半分浸した状態でしゃがみ込んでいます。
夜が明けるにつれ生き物の発する躍動がだんだん大きく伝わってきました。
湖面上ではまだ居残っている小ガモの発する鈴の音。水際の葦原からは
バンがクワッ、クワッ。カイツブリのキュルルルルーと鳴く声も聞こえます。
また、聞き慣れない夏鳥達の、か細く可憐な歌声が流れ、頭上からは
ヒバリの声がビリビリと舞い降りてきました。
霧がいよいよその濃さを増し、薄く青色の夜明けがくすんでいき
時折、蒼の福島潟が見え隠れしていくようです。

 RVP100 105㍉ NikonF5   2015年4月12日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ツルシギ冬羽

蓮畑のサギ

関連記事

  1. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  2. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  3. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  4. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  5. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  6. それぞれの福島潟

    人を配した写真はほとんど撮らないけど、均等な間隔になるのを待って撮ってみ…

  7. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  8. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。