蒼い福島潟

 山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。
静寂な闇夜が明けようとしてます。そのうち朝霧が降りてきて遠く車の
ヘッドランプがぼんやりと曇って見えるようになりました。
 岸辺に降りて長靴を半分浸した状態でしゃがみ込んでいます。
夜が明けるにつれ生き物の発する躍動がだんだん大きく伝わってきました。
湖面上ではまだ居残っている小ガモの発する鈴の音。水際の葦原からは
バンがクワッ、クワッ。カイツブリのキュルルルルーと鳴く声も聞こえます。
また、聞き慣れない夏鳥達の、か細く可憐な歌声が流れ、頭上からは
ヒバリの声がビリビリと舞い降りてきました。
霧がいよいよその濃さを増し、薄く青色の夜明けがくすんでいき
時折、蒼の福島潟が見え隠れしていくようです。

 RVP100 105㍉ NikonF5   2015年4月12日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ツルシギ冬羽

蓮畑のサギ

関連記事

  1. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  2. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  3. 静かな朝・豊かな香り:福島潟

    小鳥のさえずりが微かながら降り注いでいた。同時に静かで豊かな大気が波…

  4. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。雲一つ…

  5. 才能あり!

    俺だったら何を描いただろうなぁ~ いずれにせよ上手い!12日、福島潟メイン…

  6. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

  7. モンシロチョウの交尾

    新潟市・福島潟 オニバスの咲具合はどんなかな・・チンタラチンタラ小径を歩いて…

  8. 露の花

    女房や娘にボクの撮った写真を見せると「おとなしい」「動きがない」「ワンパター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。