蒼い福島潟

 山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。
静寂な闇夜が明けようとしてます。そのうち朝霧が降りてきて遠く車の
ヘッドランプがぼんやりと曇って見えるようになりました。
 岸辺に降りて長靴を半分浸した状態でしゃがみ込んでいます。
夜が明けるにつれ生き物の発する躍動がだんだん大きく伝わってきました。
湖面上ではまだ居残っている小ガモの発する鈴の音。水際の葦原からは
バンがクワッ、クワッ。カイツブリのキュルルルルーと鳴く声も聞こえます。
また、聞き慣れない夏鳥達の、か細く可憐な歌声が流れ、頭上からは
ヒバリの声がビリビリと舞い降りてきました。
霧がいよいよその濃さを増し、薄く青色の夜明けがくすんでいき
時折、蒼の福島潟が見え隠れしていくようです。

 RVP100 105㍉ NikonF5   2015年4月12日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ツルシギ冬羽

蓮畑のサギ

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 蜘蛛の水玉

     霧が晴れません。長い時間、湿った大気に包まれていたため、形あるものの表面は…

  3. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  4. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  5. 春霞のハンノキ

    2015年5月2日(土)撮影春霞の中、ハンノキの右隣に太陽が昇ってきま…

  6. とにかくかわいい紋白蝶

    朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く紅く染まらず。足元の蝶々でも…

  7. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋のあ…

  8. 和服の似合う女

    2015年9月27日(日)撮影夜明け前、真っ暗な駐車場に乗り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。