姫猩猩

葉を広げた直径で約100㎜、花の大きさは10㎜あるかないかだろう。

昨年花を付けた姿を見かけ、「今年はどうなんだろう」と、確かめに出向いたら、1年前よりは色付いて、心なしか花芯が立ち上がった感じに見えました。

ショウジョウバカマのおチビちゃん、矮小種だろうか。それとも別種か。

朽ちた切り株は一面が苔に覆われ、その中にポツンと一つだけ、「私は他の仲間達とは住む世界が違うの」みたいに孤立し、物静かな姿で咲いていました。

周りは普通のショウジョウバカマだらけ。

何でなんだろう。どうしてこいつだけチビ助なのだろう。

出会ってから3年を迎えている。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  阿賀野市  4月上旬撮影

近所の母さん

撮影中に近所に住んでいるという母さんが「写真ですか?」と声を掛けてきた。

「ハイ、これの写真を・・」と、体をずらしてその人が観やすい位置に立つ。

「あぁ、それね。いつもあるの・・そこに・・」

周りの様子を知っているようだし、カメラにも興味あるみたいなので(そのカメラ、ニコン?と聞いてきた)少し立ち話。

すると、昔の様子を話してくれた。

斜面一面がショウジョウバカマで色づいたこと。それが終わるとイワカガミがより一層輝きだして、それも終わるとナツハゼが・・。

ナツハゼの話になると寂しそうに・・

「盗られたの。私たち、根こそぎ掘り起こして車に積み込む様子を見ていたんだけど、しっぺ返しが怖くて警察にも連絡できなかった・・」と。

その人はこの里山が春を迎える度に華やいでいた当時の光景やナツハゼの木を思いだして寂しくなるという~・・こないだ、優しげな婆さんからバナナを頂いた場所でのお話し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白黒写真・水芭蕉

俺だけ見て!と言うけれど

関連記事

  1. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  2. 息を吹き返した終い花

    カキツバタの終い花に黄緑色した命が宿った。風が吹いて右に左に、時に前…

  3. 鳥居と大コブシ

    春、花が咲いたら撮ろうかな・・三度ほど下見に来てて、「ヨッシャ~、今…

  4. 見得を切るハラビロ

    獲物に飛びかかろうとした矢先に僕に見つかってしまったカマキリは新潟市…

  5. 干潟のツルシギ(秋)

     秋の瓢湖に飛来したツルシギ。北側の沼地で撮影した。まだ池が造成される前と記…

  6. 生まれたてトンボ

    からだの色合いから羽化後間もないのだろう。ただし、判る範囲はそれくらいでどん…

  7. 春が来た・バンザ~イ!

    RICOH・GRⅢそんなに太陽の陽が欲しいんか?葉っぱ まだ伸びきっ…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。