葉陰のサギ

 葉陰で陽射しを避けてちょっと一息のサギ。
体を左右に動かしては、羽根をバタバタ。くちばしで胸の辺りを
コチョコチョと突っついては風船のように膨らませ一気にブルッ。
飽きもせず同じ動作を繰り返していました。
 水面から突き出たハンノキの止まり木は野鳥たちには安心な場所。
周囲を隈無く見渡せるから、不穏な動きがあればすぐ分かる。
 観察しているとサギに限らずいろんな野鳥が一休みしてました。

 過去記事 初掲載 新潟県瓢湖にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蜘蛛の水玉

キクザキイチゲ紫花

関連記事

  1. 桜葉を抱いた菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  2. 出会いは突然に

    まさかの登場にドッキドキになった。こういう出会いは体に良くない。この日はこ…

  3. 見逃してしまいそうな春・カタクリ

    やばい、はやい、こわい!どんだけ地面から突き出ているんだろう?とその成長を…

  4. 長旅終えて・・?

     長旅を無事終えて瓢湖への着水を試みようとしているのかな。翼と両足をいっぱい…

  5. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  6. カタクリ

    午後の柔らかな陽を浴びて、花びらが反り返ったカタクリ。カタクリは芽が出てか…

  7. カナブン/樹液を独り占め

    そして、コイツだけが残った。樹液に集まったカナブンは五匹いた。樹液の周りに…

  8. 花と影・エンレイソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。