ロウバイ、再挑戦

この記事は1分で読めます

 ロウバイの写真、再挑戦です。
朝、やんわり雪がちらつき、枝や葉に薄く積もっています。
前回と違い、今日は風がありません。
木々が温まってきたのでしょう、まとわりついていた雪
がポタポタと滴となりました。
頭上をツグミが「ヒッ、ヒッ」と鳴きながら飛んでいきます。
その先、岸辺ではミコアイサがつがいで泳いでいます。
それも5つがい。北へ戻る前に相手を見つけたのでしょう。
寒さは厳しいですが、静かに春が近づいているのです。
 さて、撮影。花々がどれも水分でコーティングされ
きれいで目移りしました。位置をあちこち変えるたびに体が
枝に触れ滴が弾け飛んでしまいます。
 花々に囲まれるといい香りがしました。
その一角だけ香りが漂っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。