ロウバイ、再挑戦

 ロウバイの写真、再挑戦です。
朝、やんわり雪がちらつき、枝や葉に薄く積もっています。
前回と違い、今日は風がありません。
木々が温まってきたのでしょう、まとわりついていた雪
がポタポタと滴となりました。
頭上をツグミが「ヒッ、ヒッ」と鳴きながら飛んでいきます。
その先、岸辺ではミコアイサがつがいで泳いでいます。
それも5つがい。北へ戻る前に相手を見つけたのでしょう。
寒さは厳しいですが、静かに春が近づいているのです。
 さて、撮影。花々がどれも水分でコーティングされ
きれいで目移りしました。位置をあちこち変えるたびに体が
枝に触れ滴が弾け飛んでしまいます。
 花々に囲まれるといい香りがしました。
その一角だけ香りが漂っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今季一番の冷え込み、氷紋を撮る

マルバマンサク咲く

関連記事

  1. 朝焼け

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から)写真は6月29日の朝焼け。…

  2. 綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

    3月24日、未明に雪が降った。雪は積もるも午前中には跡形もな…

  3. ネコの“指先”

     「そう言えばあのネコヤナギ、どうしちゃったんでしょうね・・」 「母さん、…

  4. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。…

  5. 消えたカマキリの卵

    2015年12月20日(日)撮影 ロウバイの林の中、カマキリの卵を幾つか見…

  6. イシミカワの実

    2015年9月22日(祝)撮影「かわいい!」と近づき、ツルを…

  7. アカバナマンサク

    アカバナマンサク前回、「ピロピロとマンサクの花」を掲載したが…

  8. これは? わからんなぁ・・

     殻が割れて中の実が覗いている・・それとも花が萎れて枯れ果てて、萼に抱かれて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。