珊瑚色の猩々袴

 灰桜の猩々袴は新発田市滝沢の出入り口付近で撮影した。
今回の写真は、”灰桜”と同じ日に水芭蕉の群落近く、道ばたの際で見つけた。
狭い地域でも様々な色合いの花を付けるのが猩々袴の特徴でもある。
 山の匂いがことのほか強いのは樹木や草花の匂いではなく
堆積した杉の枝葉の下、ジワ~と染み出す山泉が運んでくる
里山のミネラルのそれなのか。その匂いが漂う中での撮影だった。
 この花の色は何だろう。角田山頂上近くの猩々袴はこの色が多い。
オレンジ色と表現したくないから、珊瑚色としよう。
 西陽が木立の葉陰越しに差し込んできた時にパシャリ。
 RVP100 105㍉ NikonF5 前述写真と同様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

灰桜の猩々袴

猩々緋の猩々袴

関連記事

  1. 水面に弾ける春花火

    24日は未明に雨が雪に変わり、明けて辺り一面銀世界となった。けれども天気…

  2. 元日の雪・大輪寺

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3この…

  3. カワセミ 600㎜マニュアル望遠レンズで瞬時にピ…

    梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミ…

  4. 花畑の一本道

    胎内市・長池の森公園、チューリプ畑に隣接した菜の花。昔は国道11…

  5. キアゲハの死なない生き方・一体なにが起きたのだろ…

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも、間一髪…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 白花

    2016年4月12日午後撮影/関川村カタクリ、キクザキイチゲは既にその…

  8. 白黒写真・水芭蕉

    今年3月末に撮影した水芭蕉。富士フィルムのリバーサルフィルムRVP1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。