珊瑚色の猩々袴

 灰桜の猩々袴は新発田市滝沢の出入り口付近で撮影した。
今回の写真は、”灰桜”と同じ日に水芭蕉の群落近く、道ばたの際で見つけた。
狭い地域でも様々な色合いの花を付けるのが猩々袴の特徴でもある。
 山の匂いがことのほか強いのは樹木や草花の匂いではなく
堆積した杉の枝葉の下、ジワ~と染み出す山泉が運んでくる
里山のミネラルのそれなのか。その匂いが漂う中での撮影だった。
 この花の色は何だろう。角田山頂上近くの猩々袴はこの色が多い。
オレンジ色と表現したくないから、珊瑚色としよう。
 西陽が木立の葉陰越しに差し込んできた時にパシャリ。
 RVP100 105㍉ NikonF5 前述写真と同様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

灰桜の猩々袴

猩々緋の猩々袴

関連記事

  1. もののけ・モミジ様に誓った一言は

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  2. ニホンカモシカ

    春がやって来て、カタクリが咲き出す時期になると思い出してしまう。20数年前、…

  3. 桜の花

    本日21日は会社で健康診断。平日は業務の都合で人が集まらない。休日なら休み…

  4. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  5. 羊歯とモノサシトンボ

    羊歯(しだ)の傾く姿に寄り添うように翅を休めるモノサシトンボの&#x…

  6. ドッキリ・・蛾

    一瞬、ギクッとなった。ハグルマトモエ、漢字で歯車巴蛾と書く。…

  7. 村の鎮守 トラフズク

    旧中条町(現:胎内市)、小さな神社境内での撮影です。町内の人達が静かに見守…

  8. キクザキイチゲ紫花

     関川村鷹巣キャンプ場です。ここに来ると気持ちがワクワクする。母のふるさとだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。