珊瑚色の猩々袴

 灰桜の猩々袴は新発田市滝沢の出入り口付近で撮影した。
今回の写真は、”灰桜”と同じ日に水芭蕉の群落近く、道ばたの際で見つけた。
狭い地域でも様々な色合いの花を付けるのが猩々袴の特徴でもある。
 山の匂いがことのほか強いのは樹木や草花の匂いではなく
堆積した杉の枝葉の下、ジワ~と染み出す山泉が運んでくる
里山のミネラルのそれなのか。その匂いが漂う中での撮影だった。
 この花の色は何だろう。角田山頂上近くの猩々袴はこの色が多い。
オレンジ色と表現したくないから、珊瑚色としよう。
 西陽が木立の葉陰越しに差し込んできた時にパシャリ。
 RVP100 105㍉ NikonF5 前述写真と同様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

灰桜の猩々袴

猩々緋の猩々袴

関連記事

  1. 花畑の一本道

    胎内市・長池の森公園、チューリプ畑に隣接した菜の花。昔は国道11…

  2. 鷺の舞

    夜明けの山陰は蒼く沈んだまま。視線を足元に、雨溜を避けて歩き…

  3. 胎内市・金峯神社のシラネアオイ

    天女の羽衣・シラネアオイ

    先月20日の撮影です(大大大連休中で現像できなかった)。胎内…

  4. 春が来た・バンザ~イ!

    RICOH・GRⅢそんなに太陽の陽が欲しいんか?葉っぱ まだ伸びきって…

  5. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

  6. カタクリ終い花

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  7. ルリタテハ / 翅裏は・・?

    タテハ蝶の仲間、ルリタテハ。表の翅は濃紺の下地に瑠璃色のラインが鮮烈なま…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。