北風と春陽

陽の光が気になり出してきた。

日の出時刻はいつの間にか6時半前になっているし、なんと言っても会社の帰りが暗くない。これはオイラの世界ではとんでもなくおめでたい事なのです。

家の用事に加えて仕事のことやらで、メンタマが赤く充血し続けているのに、休日の早朝だけは自然とニタ~となってきて、いても立ってもいられなくなり、外に飛び出すのでありました。

写真は以前『Ice Fish』と題した写真を撮った鳥屋野潟公園の一角。

寒いと言っても氷の礫はほぼ無くなっていたかな。

北風がピュ~ピュ~吹いて、雪までザ~とやって来るのだけど、少しボ~としているとご覧のように春を思わせるような陽の光が射し込んでくるんだ。

これをせめぎ合いと言うのでしょうか、北風と春陽の。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  鳥屋野潟公園 18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

30年ぶりの再会・NikonF3

根開け

関連記事

  1. 蝶の時間

     『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。…

  2. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。…

  3. 杭とサギ

    2015年5月30日(土)撮影既に掲載済みの”光る雲”の約1…

  4. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

  5. 鳥屋野潟・梅雨の晴れ間

    梅雨の晴れ間の7月14日に撮影している。この時点で4時半をまわって、日の出…

  6. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

  7. blue moment

    *記事は現在 写真は2014年5月撮影夜明け前のほんの数分間、青の時間がや…

  8. 光る雲

    2015年5月30日(土)撮影 早朝の上沼橋。既に先客が二人。準備している間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。