凍吹雪

『いてふぶき』と読む。当時の状況を思い浮かべ、この造語が良いかなと。

潟来亭正面のハンノキ。

吹雪いてきて、背景がそのカーテンに覆われるのを待って撮ってみた。

左のハンノキ寄りの雪面に穴を掘って低い視線で見ているが、薄暗い均一な背景が遠近感を消したせいで、正面から撮ったみたいな不思議な絵になった。

レンズの周辺光量不足は承知の助でF値4ほどでやったかな。

出来るだけシンプルに、可能な限りそこにある姿が滲み出るように・・

RVP100 AI Micro-Nikkor 55/f2.8s NikonF3  12日の福島潟

NikonF3ダウン!?

ウッソだろ~  冗談だろ~

この構図で撮影している最中にカメラの調子がおかしくなった。外気温は−1℃でも地吹雪の中でカメラを丸裸で晒し続けていたオイラのせいだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

才能あり!

霧氷

関連記事

  1. 坊主頭とオオミズアオ

    雑記急に暑くなったし、スカッとしたいし・・それで、坊主頭にした。…

  2. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  3. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  4. Rollei Retro80s・粗目雪と霜葉

    Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3カメラの中…

  5. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  6. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  7. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  8. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。