凍吹雪

『いてふぶき』と読む。当時の状況を思い浮かべ、この造語が良いかなと。

潟来亭正面のハンノキ。

吹雪いてきて、背景がそのカーテンに覆われるのを待って撮ってみた。

左のハンノキ寄りの雪面に穴を掘って低い視線で見ているが、薄暗い均一な背景が遠近感を消したせいで、正面から撮ったみたいな不思議な絵になった。

レンズの周辺光量不足は承知の助でF値4ほどでやったかな。

出来るだけシンプルに、可能な限りそこにある姿が滲み出るように・・

RVP100 AI Micro-Nikkor 55/f2.8s NikonF3  12日の福島潟

NikonF3ダウン!?

ウッソだろ~  冗談だろ~

この構図で撮影している最中にカメラの調子がおかしくなった。外気温は−1℃でも地吹雪の中でカメラを丸裸で晒し続けていたオイラのせいだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

才能あり!

霧氷

関連記事

  1. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

  2. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  3. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  4. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  5. 寒~い福島潟

    2016年1月24日(日)撮影か? 雲間からの真っ赤な光芒を期待したが、厚い…

  6. 夜が割れていく

     夜が割れていく時間がやってきました。肉眼では捉えられないような星々の流れや…

  7. フィルムの音

    「あっ、マミヤだぁ~」と、こっち。「それは・・もしかしてニコンのF3…

  8. 夜明けの木

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3福島…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。