夏のヒシクイ

 飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ
戻らず、此所で過ごすことを決めたのか。
どっちでもいいが初夏を迎えようとしていた瓢湖で一羽
だけでいること自体異常だった。
 食べ物を探すあまり警戒心が薄れたのか、それとも助けを
求めていたのか逃げようとしない。
 その後どうなったかは定かでないが、冬、広い雪原の真ん中で
我先にと食べ物に食らいついているヒシクイの群れを見るたびに
この”夏のヒシクイ”を思い出す。

 過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コゲラ

早く来い! 夏

関連記事

  1. RICOH GRⅢx・冷たいコンテナヤード

    RICOH・GRⅢ「寒い」と言うより「冷たい」と感じたのは露出した首筋に…

  2. 山影蒼く・ノビタキ

     大きな川を隔てて蒼く沈んだ山肌は新発田市米倉の山々。野焼きの煙がほどよく地…

  3. 冬のエナガ

     立ち枯れした葦原にエナガの群れがやってきた。上空から覆い被さるようにドバ…

  4. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  5. 残像

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  6. 体は白黒、ストローは黄色・ゴマダラチョウ

    昨年夏、エノキやコナラの高い所で飛び交っているのを見ていた。「持っているカ…

  7. 杉林の底は温いのだ・水芭蕉

    RICOH・GRⅢx枝葉が幾重にもなった杉林の底床は僅かに射し込む陽の光…

  8. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。