夏のヒシクイ

 飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ
戻らず、此所で過ごすことを決めたのか。
どっちでもいいが初夏を迎えようとしていた瓢湖で一羽
だけでいること自体異常だった。
 食べ物を探すあまり警戒心が薄れたのか、それとも助けを
求めていたのか逃げようとしない。
 その後どうなったかは定かでないが、冬、広い雪原の真ん中で
我先にと食べ物に食らいついているヒシクイの群れを見るたびに
この”夏のヒシクイ”を思い出す。

 過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コゲラ

早く来い! 夏

関連記事

  1. 墓守りの木

    この木の近くに墓地がある。畑もあるけど、お墓の存在は大きい。それで一人で勝…

  2. 初めてのツマグロヒョウモン

    ツマグロヒョウモンの♂。初めて観て、そして撮った。SNSの投稿でよく見かけ…

  3. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

  4. めおと蕗

    本日25日、子どもの拳大のふきのとうが気になって、撮影場所の新発田市…

  5. 見得を切るハラビロ

    獲物に飛びかかろうとした矢先に僕に見つかってしまったカマキリは新潟市…

  6. 母校の桜を見上げてみた

    RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3 胎内市…

  7. ネコヤナギにシジュウカラ

    ネコヤナギにシジュウカラがとまってくれました。雪が消え、ネコヤナギが…

  8. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。