夏のヒシクイ

 飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ
戻らず、此所で過ごすことを決めたのか。
どっちでもいいが初夏を迎えようとしていた瓢湖で一羽
だけでいること自体異常だった。
 食べ物を探すあまり警戒心が薄れたのか、それとも助けを
求めていたのか逃げようとしない。
 その後どうなったかは定かでないが、冬、広い雪原の真ん中で
我先にと食べ物に食らいついているヒシクイの群れを見るたびに
この”夏のヒシクイ”を思い出す。

 過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コゲラ

早く来い! 夏

関連記事

  1. 女のたこ

    adox chs100ⅱ cosina voigtlander ultron…

  2. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  3. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  4. ジャノメチョウ♂

    寝苦しい夜でもないのに、嫌な夢を見続けていたようです。ちょうど北朝鮮がIC…

  5. 「母の日」の母

    Kodak T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

  6. きのこの子?

     キノコの名前は全く分からない。ナメコ汁は家でよく食べるが、もし袋詰めされて…

  7. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  8. セアカツノカメムシ

    カメムシは農作物を食い荒らす害虫として断トツ的存在であるのだけど、そうで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。