夏のヒシクイ

 飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ
戻らず、此所で過ごすことを決めたのか。
どっちでもいいが初夏を迎えようとしていた瓢湖で一羽
だけでいること自体異常だった。
 食べ物を探すあまり警戒心が薄れたのか、それとも助けを
求めていたのか逃げようとしない。
 その後どうなったかは定かでないが、冬、広い雪原の真ん中で
我先にと食べ物に食らいついているヒシクイの群れを見るたびに
この”夏のヒシクイ”を思い出す。

 過去記事 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コゲラ

早く来い! 夏

関連記事

  1. 生まれたてトンボ

    からだの色合いから羽化後間もないのだろう。ただし、判る範囲はそれくらいでどん…

  2. サワギキョウ

    枯れ始めたし、付近はジメジメだし、小枝や葉っぱが交差してるし・・・時…

  3. ムカシヤンマとウメノキゴケ

    桜の幹にとまったムカシヤンマ。樹皮に付いた緑色した海藻みたいなものは地衣類…

  4. キジの横睨み

     以前に掲載したオスのキジと同じ個体だろうか。ほぼ同じ場所で見かけ,ホロ打ち…

  5. チューリップ畑

     ようやく雪が降り始めた。新潟市内も白く雪化粧している。あれほど“暖冬”と言…

  6. 健気に咲く小花にホロリとなる

    切ないほどパッと花開いてくれていた。寒さのあまり頭を垂れてい…

  7. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 汗の数だけ米になる

    「汗の数だけ米粒に成るんだ」・・夏場に撮影に立ち合った農家の方が何気に発した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。