冬の暁

気温−7℃まで下がった3日、夜明けの福島潟です。

正面ゲートから歩いてすぐの東屋 “潟来亭” の裏側に回り込むとコレがあります(どうしてこうした取り合わせなのかは判りません)。

かねてからこの構図で真冬の暁を撮りたいと考えていましたが、そのチャンスがちょうど休日を頂いた土曜日にやってきました。

ただ、雪面に残る人の足跡は予期してなかったなぁ。

夜明け前で私以外にはこの場所に人はおらず、暗い中でうっかり足跡を付けてはいけないと気を付けていたから、明るくなって縦横についたそれを見たときにはド~ッと疲れてしまいました。

まぁ、それも仕方ないことと思わねば。里の潟だし、誰でも訪れる環境なんだから。

霧の向こうに普段なら潟が横たわっています。今回は湖畔のかなり手前から。

RVP100 Ai-Nikkor 24 f/2.8s  NikonF5  福島潟にて 6時頃かも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冷たいカオス

凍光

関連記事

  1. ツバメシジミ

    この草は何処でも見かけますが、名前が分からない。図鑑で調べようにも似たような…

  2. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  3. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求がな…

  4. 夜明けの小舟

    夜明け前は特に好きだ。眺めるのはもちろん、読むのも好き。島崎…

  5. 夢の中

     寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  6. 葉陰蝶・キチョウ

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの…

  7. 遙かな福島潟

    写真は15年ほど前のもの・・と思われる。恥ずかしい話、ちょう…

  8. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。