冬の暁

気温−7℃まで下がった3日、夜明けの福島潟です。

正面ゲートから歩いてすぐの東屋 “潟来亭” の裏側に回り込むとコレがあります(どうしてこうした取り合わせなのかは判りません)。

かねてからこの構図で真冬の暁を撮りたいと考えていましたが、そのチャンスがちょうど休日を頂いた土曜日にやってきました。

ただ、雪面に残る人の足跡は予期してなかったなぁ。

夜明け前で私以外にはこの場所に人はおらず、暗い中でうっかり足跡を付けてはいけないと気を付けていたから、明るくなって縦横についたそれを見たときにはド~ッと疲れてしまいました。

まぁ、それも仕方ないことと思わねば。里の潟だし、誰でも訪れる環境なんだから。

霧の向こうに普段なら潟が横たわっています。今回は湖畔のかなり手前から。

RVP100 Ai-Nikkor 24 f/2.8s  NikonF5  福島潟にて 6時頃かも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冷たいカオス

凍光

関連記事

  1. 目覚め・紋黄蝶

    黄色い蝶ならモンキチョウとキチョウで、福島潟では普通に目にすることが出来る。…

  2. 冬枯れの福島潟

    2015年12月20日(日)撮影 夜が白んで雪を抱いた二王子岳や五頭の山肌…

  3. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  4. 紅露草

     昨日と違って今朝の福島潟はそれなりに赤く染まってくれました。ギャラリーはオ…

  5. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  6. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  7. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  8. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。