猩々緋の猩々袴

 ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ
「漢字で“猩々袴”とあてながら“猩々緋”の花がない」と
記したが一週間後の4月12日にリベンジとばかり探したらあった。
 小枝が絡みついたヤマモミジの根元にぽつんと一株。見るからに濃い赤色。
その色は紛れもなく“猩々緋”。やっと見つけた。
 撮影場所が斜面で足場が極めて不安定。肘を幹に固定してブレを軽減。
でも、体を地面に密着させないとズルズル滑り落ちてしまう。
 RVP100 105ミリ NikonF5   新発田市滝沢にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

珊瑚色の猩々袴

蜘蛛の水玉

関連記事

  1. もののけ・モミジ様に誓った一言は

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  2. ニホンカモシカ

    春がやって来て、カタクリが咲き出す時期になると思い出してしまう。20数年前、…

  3. 桜の花

    本日21日は会社で健康診断。平日は業務の都合で人が集まらない。休日なら休み…

  4. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  5. 羊歯とモノサシトンボ

    羊歯(しだ)の傾く姿に寄り添うように翅を休めるモノサシトンボの&#x…

  6. ドッキリ・・蛾

    一瞬、ギクッとなった。ハグルマトモエ、漢字で歯車巴蛾と書く。…

  7. 村の鎮守 トラフズク

    旧中条町(現:胎内市)、小さな神社境内での撮影です。町内の人達が静かに見守…

  8. キクザキイチゲ紫花

     関川村鷹巣キャンプ場です。ここに来ると気持ちがワクワクする。母のふるさとだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。