猩々緋の猩々袴

ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。

「漢字で“猩々袴”とあてながら“猩々緋”の花がない」と記したが一週間後の4月12日にリベンジとばかり探したらあった。

小枝が絡みついたヤマモミジの根元にぽつんと一株。見るからに濃い赤色。

その色は紛れもなく“猩々緋”。やっと見つけた。

撮影場所が斜面で足場が極めて不安定。肘を幹に固定してブレを軽減。

でも、体を地面に密着させないとズルズル滑り落ちてしまう。

RVP100 105ミリ NikonF5   新発田市滝沢にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

珊瑚色の猩々袴

蜘蛛の水玉

関連記事

  1. ギシギシに普通にぶら下がった紋白蝶の普通でないと…

    クソ暑い!(いま!今日!25日!)*冒頭写真は19日夏真っ盛…

  2. 葉っぱだけならチンゲン菜

    2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出…

  3. おおさど丸

    ~過去写真から~新潟と佐渡両津を結んでいたカーフェリー「おおさど丸」…

  4. 冬 ツグミ

    ナナカマドの実が赤いのは白く雪化粧した景色の中、野鳥に気づいてもらうため…

  5. 夏虫色のカメムシ

    こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅…

  6. 散りゆくまえに

     雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ輝い…

  7. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  8. 緑の中のベニシジミ

    16日の午前中、胎内市にある胎内昆虫の家に行ってきた。一般客410円の入場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。