冬の青空・Ai-Nkkor24f2.8sの使い勝手を試してみた

写真は大雪が去った翌13日の午前中、鳥屋野潟公園で撮影した。

手前のケヤキを中心に右奥の建物が新潟市民病院、左のアンテナが伸びた建物は新しく出来た消防署(と言っても随分前のことだが)。

見渡す限り人が踏み込んだ形跡がなく、雪面には枝の影が鮮明に伸びていた。

真っ白な大地と真っ青な空があまりにも印象的なものだから木々の裏側に太陽を隠して撮ってみた(広角レンズなので自分の足跡が映り込まないように注意)。

気温が上がって、枝から雪がはがれ落ちてきた。

RVP100 AI-Nikkor 24 f/2.8s NikonF5  

ブログ更新

父が病に倒れ、危険な状態が続いている。それで仕事や写真どころではなくなった。

しばらく、定期的な投稿が出来ませんがご了承を。

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

カメラの事・大雪の事・気持ちを切り替えて書くしかない事

冬枯れの河川敷・Ai-Nikkor 35f2s&NikonF5&RVP100

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む