おおさど丸

~過去写真から~

新潟と佐渡両津を結んでいたカーフェリー「おおさど丸」。両津のカーフェリー乗り場で乗船待ちのところ到着し、携えていたカメラでパチパチ撮ったのでありました。

甲板からロープが投げられ、埠頭に待機していた大勢の作業員がそれを掴んで“留め石“めがけて走るシーン、フェリーを背景にバカでかいリフト車がコンテナをテキパキと仕分けしているシーンなど間近で見ることが出来た。

接岸して鼻がカパッと上に開いて、クジラの髭か歯みたいな鉄板がのぞいている。

あれが下に向かって開くと中から車が出てくるんだ。まるで蟻さんの行進みたいに。

それはそうと、なんで鉄の塊が浮くんだろ。

なんであの口から海水が入り込まないのか。

不思議だな~。

このフェリーは2014年に「ときわ丸」にとってかわった。

それまで26年間も動いていたんだな。それもすんごい。  2012年5月の撮影

カール・ツアイツ

プラナー50㎜ f1.4 を使用している。

レンズの絞り開放では独特のとろみが魅力でも、絞り込むとエッジが際立ってくる。これまた不思議なレンズでございます。

フィルムスキャナーを通した画像なのに質感は残っているし暗部も潰れていない。

それだけ優秀なレンズなのだろう。なのに、今は無い。手放したのが悔やまれる。

フィルムはフジのベルビア100F。カメラはもちろんニコンの5番。

*掲載写真は別カットに変更しました(2020.5月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

待ち遠しい春

墓守りの木

関連記事

  1. サワギキョウ

    枯れ始めたし、付近はジメジメだし、小枝や葉っぱが交差してるし・・・時…

  2. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

  3. 頭上の秋

    もうじき雪がやって来る窓辺に置いたラジオからそんな気象情報が…

  4. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い小川…

  5. 干潟のツルシギ(秋)

     秋の瓢湖に飛来したツルシギ。北側の沼地で撮影した。まだ池が造成される前と記…

  6. 慈雨・濡れアザミ

    しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨…

  7. 椿の ブチュ~

    場所は加茂市か三条市かもしれない保内公園。苔むした地面に映画…

  8. これで ♂と♀・・? / メスグロヒョウモン

    最初に見た時、ミドリヒョウモンの♂(左)とイチモンジチョウ♂、男同士しかも異…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。