おおさど丸

~過去写真から~

新潟と佐渡両津を結んでいたカーフェリー「おおさど丸」。両津のカーフェリー乗り場で乗船待ちのところ到着し、携えていたカメラでパチパチ撮ったのでありました。

甲板からロープが投げられ、埠頭に待機していた大勢の作業員がそれを掴んで“留め石“めがけて走るシーン、フェリーを背景にバカでかいリフト車がコンテナをテキパキと仕分けしているシーンなど間近で見ることが出来た。

接岸して鼻がカパッと上に開いて、クジラの髭か歯みたいな鉄板がのぞいている。

あれが下に向かって開くと中から車が出てくるんだ。まるで蟻さんの行進みたいに。

それはそうと、なんで鉄の塊が浮くんだろ。

なんであの口から海水が入り込まないのか。

不思議だな~。

このフェリーは2014年に「ときわ丸」にとってかわった。

それまで26年間も動いていたんだな。それもすんごい。  2012年5月の撮影

カール・ツアイツ

プラナー50㎜ f1.4 を使用している。

レンズの絞り開放では独特のとろみが魅力でも、絞り込むとエッジが際立ってくる。これまた不思議なレンズでございます。

フィルムスキャナーを通した画像なのに質感は残っているし暗部も潰れていない。

それだけ優秀なレンズなのだろう。なのに、今は無い。手放したのが悔やまれる。

フィルムはフジのベルビア100F。カメラはもちろんニコンの5番。

*掲載写真は別カットに変更しました(2020.5月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

待ち遠しい春

墓守りの木

関連記事

  1. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。