おおさど丸

~過去写真から~

新潟と佐渡両津を結んでいたカーフェリー「おおさど丸」。両津のカーフェリー乗り場で乗船待ちのところ到着し、携えていたカメラでパチパチ撮ったのでありました。

甲板からロープが投げられ、埠頭に待機していた大勢の作業員がそれを掴んで“留め石“めがけて走るシーン、フェリーを背景にバカでかいリフト車がコンテナをテキパキと仕分けしているシーンなど間近で見ることが出来た。

接岸して鼻がカパッと上に開いて、クジラの髭か歯みたいな鉄板がのぞいている。

あれが下に向かって開くと中から車が出てくるんだ。まるで蟻さんの行進みたいに。

それはそうと、なんで鉄の塊が浮くんだろ。

なんであの口から海水が入り込まないのか。

不思議だな~。

このフェリーは2014年に「ときわ丸」にとってかわった。

それまで26年間も動いていたんだな。それもすんごい。  2012年5月の撮影

カール・ツアイツ

プラナー50㎜ f1.4 を使用している。

レンズの絞り開放では独特のとろみが魅力でも、絞り込むとエッジが際立ってくる。これまた不思議なレンズでございます。

フィルムスキャナーを通した画像なのに質感は残っているし暗部も潰れていない。

それだけ優秀なレンズなのだろう。なのに、今は無い。手放したのが悔やまれる。

フィルムはフジのベルビア100F。カメラはもちろんニコンの5番。

*掲載写真は別カットに変更しました(2020.5月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

待ち遠しい春

墓守りの木

関連記事

  1. Catch・カワセミ

     梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミで、…

  2. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  3. 八重のドクダミ

    RICOH・GRⅢ写真は6月6日、実家前の大輪寺境内で撮影してる。本…

  4. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  5. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

  6. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  7. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  8. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。