待ち遠しい春

今年の冬は忙しない。

師走に入った途端、ボクのいる回りの空間だけ巷からスッポリ抜け落ちた日々がずっとず~っと続いている。長いトンネルを通ってるみたいな。

世間様との接点をなんとか見い出して、それに向かって海の底から浮上しようと手足をバタバタさせて、もがいている気分みたいなもんだ。

気分転換に山里へやって来るも、そんな訳だから撮りたい対象を絞り込めない。雲を掴むような状態でピントを合わせられるはずがない。

鳥屋野潟春景色

過去のポジフィルムを片付けている中で見つけた。ヘンテコな構図でかなり冒険している(手前の藪はなんなんだ?・・と首を傾げたくなるもんね)。

その藪には野イバラが絡みついていて毎年時期になるとホイップを載っけたように白くまん丸い花園が出来上がるから、その時に併せてことある度にファインダーで覗き込んでいたら、たまたま霞がかかった。

写真はまだ春先の頃で花の時期を迎えていないよ。

事前準備

藪の水際は冬の間に清掃を繰り返していた。ゴミが引っ掛かるんだな。

ペットボトル、レジ袋やビニールなんかよく絡まっている。しかも橋の上からゴミ袋ごとポイ捨てする人間もいる。

冬の時期、雪が降る前の岸辺はゴミが目立つ。それを丁寧に拾い集める。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  2014年撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

汗の数だけ米になる

おおさど丸

関連記事

  1. おどろおどろしい朝焼け

    2015年8月25日(火)撮影台風の影響の出始めと終わりは天…

  2. 着ている服までオレンジ色・鳥屋野潟

    写真はリバーサルフィルムで撮影した11日の鳥屋野潟。既に投稿…

  3. ハラビロカマキリ

     たぶん、きっと、ハラビロカマキリだろう。黄緑色で胴がデップリしているし、よ…

  4. 夏の終わり・鳥屋野潟

    写真は10日、新潟市は鳥屋野潟の朝焼け。久しぶりにじっくり眺めたな、…

  5. 鳥屋野潟 一瞬のポワ~

    15日の鳥屋野潟の朝焼け。日の出時刻が4時21分になった。夏…

  6. 紫雲

    長らく朝焼けの写真を撮ってますが、これは不思議な雲でございました。…

  7. コバンソウの素顔

    朝陽に透けるコバンソウの実を撮ってみた。花が付いている個体を探したが見当た…

  8. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。