銀杏と銀杏・読み方間違えるよ・敢えてアウトフォーカスで

ややこしや~

「イチョウとギンナン」とキーボードを叩いたら『銀杏と銀杏』と表示された。

そんな頭でポジを眺めていたら丸ボケが銀杏(ギンナン)に見えてきた。

そうなんですね、この写真、銀杏(イチョウ)の落葉を逆光の位置から、しかもレンズは開放絞り、最短距離にしたままでパシャリ・パシャリ楽しみながら撮った。

秋の終わり頃かな、暖かな木洩れ日が差し込んできたのは。

光の粒子、いやダーク・マターが俺には見えるんだ・・などと息巻いて撮ったが、やっぱり食いもんに見えてくるのはオイラの性分かな。

鳥屋野潟スポーツ公園カナル沿いの銀杏並木がモデル。

暖かな光には違わないが、なんであんなクソみたいな臭いなんだろう。

母の加護

昨日会社を休んで、母を病院へ連れて行った。

病院玄関出入り口のガラス窓に映った母の姿を観て、いたたまれなくなった。

腰がかなり曲がっている。ガラスの中の母の姿は弱々しくかつての母の姿でない。

それでいて、にっこり微笑んでいる。

切なくなるほどの笑みを浮かべて私を見ている。

RVP100 AI-Nikkor 180f/2.8s NikonF5  鳥屋野潟 11月下旬撮影

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

シンメトリーな福島潟・この時期の日の出時刻は6時40分過ぎ

港湾・山ノ下みなとタワーからの眺め・RVP100&NikonF5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む