ウマノスズクサは生きていた

夏場、ジャコウアゲハの産卵シーンを偶然目撃し、携帯のカメラで記録して後で調べて見たら、そこにはウマノスズクサの葉っぱが重なり合って写っていた。

ウマノスズクサは新潟市では準絶滅危惧種。

それから頻繁に通うようになって観察していたら、あたりの藪はすっかり刈られ、おまけに薬剤散布されたのか、日に日に下草が茶色く枯れていった。

ジャコウアゲハの幼虫、サナギ、成虫は確認はしたがウマノスズクサの行く末を案じていた。唯一の食草が無くなれば、次回の発生が危惧される。

それが生きていたのですね。

あらかたの雑草が枯れた中で、しっかり根を張って縦横に広がり、またはツルに絡まってあの独特な形状の葉を付けていた。

これは大切にしないと。

写真は夏場に撮影したもの。ジャコウアゲハの幼虫(1㎝ほど)が写っている。

発生場所が県の管理地らしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目覚め・紋黄蝶

無くなるということ

関連記事

  1. これもキノコ

    右がソフトボール程の大きさ。左はさらに一回り大きい。キノコの一種、ホコリタ…

  2. blue moment

    *記事は現在 写真は2014年5月撮影夜明け前のほんの数分間、青の時間がや…

  3. ハラビロカマキリ

     たぶん、きっと、ハラビロカマキリだろう。黄緑色で胴がデップリしているし、よ…

  4. 赤く燃える・鳥屋野潟

    17日は久しぶりに朝焼けを観た。翌18日もそれなりの綺麗な朝焼けを眺…

  5. 水面の目覚め

    撮影の実際穏やかな水面に朝焼けが映えて、魅せられてしまいました。目を凝ら…

  6. もしかして、大スクープ!・・?

    何やら、見たこともない模様の蝶を見つけた。1円玉ほどの大きさ。シジミチョウ…

  7. 菖蒲(あやめ)

    2015年5月10日(日)撮影 鳥屋野潟公園 ”流れ“の小路沿いの菖蒲(あや…

  8. 抜け殻に想う

    昨年夏の終わり頃から気になっていて、何度も様子見してました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。