ウマノスズクサは生きていた

夏場、ジャコウアゲハの産卵シーンを偶然目撃し、携帯のカメラで記録して後で調べて見たら、そこにはウマノスズクサの葉っぱが重なり合って写っていた。

ウマノスズクサは新潟市では準絶滅危惧種。

それから頻繁に通うようになって観察していたら、あたりの藪はすっかり刈られ、おまけに薬剤散布されたのか、日に日に下草が茶色く枯れていった。

ジャコウアゲハの幼虫、サナギ、成虫は確認はしたがウマノスズクサの行く末を案じていた。唯一の食草が無くなれば、次回の発生が危惧される。

それが生きていたのですね。

あらかたの雑草が枯れた中で、しっかり根を張って縦横に広がり、またはツルに絡まってあの独特な形状の葉を付けていた。

これは大切にしないと。

写真は夏場に撮影したもの。ジャコウアゲハの幼虫(1㎝ほど)が写っている。

発生場所が県の管理地らしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目覚め・紋黄蝶

無くなるということ

関連記事

  1. カラスと一緒の朝焼け

    2015年6月12日(金)撮影 天気予報で曇りのち雨の予報。天候の変わり目が…

  2. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  3. 藪の中 マユミの実

    2013年12月1日正式にはスポーツ公園、長潟の森地区。公園柵ぎ…

  4. 半分、赤い・・鳥屋野潟

    なんだか、“半分、赤い”焼ける前から雲の動きを見ていて「これは半分だ…

  5. オレンジ・スワン

     ビッグスワンの空がオレンジに染まる季節がやって来ました。昇る太陽の位置が左…

  6. 円盤形ギザギザマーク

    2015年7月4日(土)撮影 6月21日撮影し27日に掲載した”謎のX(エッ…

  7. 謎の”X”

    2015年6月21日(日)撮影 午前6時、鳥屋野潟公園かめ吉田んぼ脇観察池の…

  8. セミの羽化

    2015年7月26日(日)撮影  アレレ、なんか変?どうしちゃったの?午前5…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。