霧の中のハンノキ その2

この記事は1分で読めます

 さらに霧のハンノキをもう1枚。
前に掲載した写真の数分前に105ミリレンズで撮影した。
 放射冷却は想像以上に盛大で、視界は見る間に遮られていく。
陽が射す頃はMAX状態で被写体のハンノキさえ見えなくなった。
「ハンノキの枝先の水滴が光り輝いてくれればいいがな」と
微妙に露出を変えながらシャッターを切っていくが現像の仕上がり
はどれもご覧のような感じになった。
あの時感じたイメージとは少し違う。何が足りないのだろう。
 ビューアーで確認するも、自分への不甲斐なさを打ち消そうと
つい酒の量が増えてしまいました。

 RVP100 105ミリ NikonF5  2015年3月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。