霧の中のハンノキ その2

 さらに霧のハンノキをもう1枚。
前に掲載した写真の数分前に105ミリレンズで撮影した。
 放射冷却は想像以上に盛大で、視界は見る間に遮られていく。
陽が射す頃はMAX状態で被写体のハンノキさえ見えなくなった。
「ハンノキの枝先の水滴が光り輝いてくれればいいがな」と
微妙に露出を変えながらシャッターを切っていくが現像の仕上がり
はどれもご覧のような感じになった。
あの時感じたイメージとは少し違う。何が足りないのだろう。
 ビューアーで確認するも、自分への不甲斐なさを打ち消そうと
つい酒の量が増えてしまいました。

 RVP100 105ミリ NikonF5  2015年3月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霧の中のハンノキ

アズマイチゲ

関連記事

  1. 霧の木

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  2. シンメトリーな福島潟

    「8時半までに帰って来て」と奥様にキツく言われたので、8時には自宅に着いた。…

  3. 冷たい朝

    RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面から冷…

  4. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  5. レトロな朝/福島潟

    あらら・・やってしまったかな・・とちょっとは思ったが、じっくり眺めて…

  6. ウラナミシジミ

      今朝方に一度Facebookページと連携させて投稿したがどうも変だ。 お…

  7. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

  8. 目覚め・紋黄蝶

    黄色い蝶ならモンキチョウとキチョウで、福島潟では普通に目にすることが出来る。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。