霧の中のハンノキ その2

 さらに霧のハンノキをもう1枚。
前に掲載した写真の数分前に105ミリレンズで撮影した。
 放射冷却は想像以上に盛大で、視界は見る間に遮られていく。
陽が射す頃はMAX状態で被写体のハンノキさえ見えなくなった。
「ハンノキの枝先の水滴が光り輝いてくれればいいがな」と
微妙に露出を変えながらシャッターを切っていくが現像の仕上がり
はどれもご覧のような感じになった。
あの時感じたイメージとは少し違う。何が足りないのだろう。
 ビューアーで確認するも、自分への不甲斐なさを打ち消そうと
つい酒の量が増えてしまいました。

 RVP100 105ミリ NikonF5  2015年3月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霧の中のハンノキ

アズマイチゲ

関連記事

  1. 藤色の夜明け

    『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。…

  2. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  3. 車輪

    撮影の実際福島潟にて撮影した。小径に沿って密集している。黄色い花がやけに目…

  4. レモンイエロー

     陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、目を開けようにも眩ん…

  5. 夜明けの福島潟

    2015年10月12日(祝) 撮影星空ウォッチャーにとっては10月の…

  6. ヨシキリの声と朝焼けと

    4時前には現地についていたけど激しく眠いし、加えて何故か過去一週間の…

  7. 土筆と朝露

    2016年4月16日(土)撮影 福島潟二王子岳や五頭連峰の端がジュワ…

  8. 霧の中のハンノキ

    目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。寄せる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。