霧の中のハンノキ その2

 さらに霧のハンノキをもう1枚。
前に掲載した写真の数分前に105ミリレンズで撮影した。
 放射冷却は想像以上に盛大で、視界は見る間に遮られていく。
陽が射す頃はMAX状態で被写体のハンノキさえ見えなくなった。
「ハンノキの枝先の水滴が光り輝いてくれればいいがな」と
微妙に露出を変えながらシャッターを切っていくが現像の仕上がり
はどれもご覧のような感じになった。
あの時感じたイメージとは少し違う。何が足りないのだろう。
 ビューアーで確認するも、自分への不甲斐なさを打ち消そうと
つい酒の量が増えてしまいました。

 RVP100 105ミリ NikonF5  2015年3月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霧の中のハンノキ

アズマイチゲ

関連記事

  1. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  2. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  3. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  4. 蜘蛛の水玉

     霧が晴れません。長い時間、湿った大気に包まれていたため、形あるものの表面は…

  5. あかね雲たなびく福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF…

  6. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。…

  7. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

  8. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。