影絵

上空に夕闇が迫る頃、サギがねぐらに戻ってきた。

岸辺のハンノキの枝先にポツンポツンと降り立っては羽繕い。

痛んだ羽根の手入れでもしているのかな。

それとも仲間同士で今日一日の出来事でも話しているのだろうか。

「あそこの田んぼの畦に行ってみろよ。太ったドジョウうまかったよ」と。

でも、言葉を持たない彼らはどうやって集団行動するんだろう。

危険意識が進化するのは分かる。そのうえで喜怒哀楽が成立するのだろうか。

影絵を眺めているうち、想像の世界が際限なく拡がっていく。

静かに闇夜の時間が訪れる。おやすみなさい。

 過去記事 初掲載  瓢湖にて撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鶯色と紅梅色

霧の中のハンノキ

関連記事

  1. 迷彩雀・ウンモンスズメ

    三角形。カタチからしてまるで戦闘機だ。これはスズメ蛾科の特徴であ…

  2. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「…

  3. 赤谷のサル

    農家の所有する柿の木にサルがやってきた。映ってないがサルの視線の先に…

  4. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたのタバ…

  5. 悪い癖

    陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥…

  6. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  7. みんな帰っちゃったな・・

    昔写真仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はす…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。