影絵

 上空に夕闇が迫る頃、サギがねぐらに戻ってきた。
岸辺のハンノキの枝先にポツンポツンと降り立っては羽繕い。
痛んだ羽根の手入れでもしているのかな。
それとも仲間同士で今日一日の出来事でも話しているのだろうか。
「あそこの田んぼの畦に行ってみろよ。太ったドジョウうまかったよ」と。
 でも、言葉を持たない彼らはどうやって集団行動するんだろう。
危険意識が進化するのは分かる。そのうえで喜怒哀楽が成立するのだろうか。
影絵を眺めているうち、想像の世界が際限なく拡がっていく。
 静かに闇夜の時間が訪れる。おやすみなさい。

 過去記事 初掲載  瓢湖にて撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鶯色と紅梅色

霧の中のハンノキ

関連記事

  1. 角田山のイカリソウ

     角田山、灯台コース上で撮影。GW期間中に家族で登山。このコースは海抜0メー…

  2. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  3. 桜にヒヨドリ

    春を迎えた瓢湖は桜、レンギョウの鮮やかな色彩に染まります。桜…

  4. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  5. 長旅終えて・・?

     長旅を無事終えて瓢湖への着水を試みようとしているのかな。翼と両足をいっぱい…

  6. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり、入念に…

  7. 好きなレンズでカタクリを撮る

    カタクリの花茎部分に的を絞って撮影してみました。と、説明すれば「何か明確な…

  8. 飛び立つ白鳥

     晴れた朝、気温が下がり、霧が出始めた中、朝陽が一面に差し込んできて、鳴き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。