影絵

 上空に夕闇が迫る頃、サギがねぐらに戻ってきた。
岸辺のハンノキの枝先にポツンポツンと降り立っては羽繕い。
痛んだ羽根の手入れでもしているのかな。
それとも仲間同士で今日一日の出来事でも話しているのだろうか。
「あそこの田んぼの畦に行ってみろよ。太ったドジョウうまかったよ」と。
 でも、言葉を持たない彼らはどうやって集団行動するんだろう。
危険意識が進化するのは分かる。そのうえで喜怒哀楽が成立するのだろうか。
影絵を眺めているうち、想像の世界が際限なく拡がっていく。
 静かに闇夜の時間が訪れる。おやすみなさい。

 過去記事 初掲載  瓢湖にて撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鶯色と紅梅色

霧の中のハンノキ

関連記事

  1. タマゴな水芭蕉

    撮影の実際汚れがない。清楚でドキッ。若さにクラッ。アンタみたいな心に…

  2. 開花後のカタクリ

    2012年4月24日 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あ…

  3. 葉っぱだけならチンゲン菜

    2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出…

  4. 鷹巣のカタクリの花

    関川村鷹巣キャンプ場。今季2回目の訪問。午後の2時過ぎです。本日…

  5. 紋のある白い蝶

    前回『身近な虫たちの華麗な生きかた』(ちくま文庫)をFacebook上でシェ…

  6. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  7. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  8. 食指動かす彼岸花

    「彼岸になれば、忘れずに咲くヒガンバナ」・・写真仲間の一人の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。