影絵

上空に夕闇が迫る頃、サギがねぐらに戻ってきた。

岸辺のハンノキの枝先にポツンポツンと降り立っては羽繕い。

痛んだ羽根の手入れでもしているのかな。

それとも仲間同士で今日一日の出来事でも話しているのだろうか。

「あそこの田んぼの畦に行ってみろよ。太ったドジョウうまかったよ」と。

でも、言葉を持たない彼らはどうやって集団行動するんだろう。

危険意識が進化するのは分かる。そのうえで喜怒哀楽が成立するのだろうか。

影絵を眺めているうち、想像の世界が際限なく拡がっていく。

静かに闇夜の時間が訪れる。おやすみなさい。

 過去記事 初掲載  瓢湖にて撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鶯色と紅梅色

霧の中のハンノキ

関連記事

  1. 霜の苔 霜の葉

    どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。…

  2. Rollei Retro 80S・侵食海岸

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  3. 新潟東港・雨上がりのコンテナヤード

    kodak t-max100 cosina voigtlander ultr…

  4. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミです…

  5. ショウジョウ三姉妹

    撮影の実際新発田市・本田小学校近くにある「坊住池(ぼうじゅういけ)」…

  6. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  7. ドッキリ・・蛾

    一瞬、ギクッとなった。ハグルマトモエ、漢字で歯車巴蛾と書く。…

  8. 風雪海岸

    Adox CHS100ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。