影絵

上空に夕闇が迫る頃、サギがねぐらに戻ってきた。

岸辺のハンノキの枝先にポツンポツンと降り立っては羽繕い。

痛んだ羽根の手入れでもしているのかな。

それとも仲間同士で今日一日の出来事でも話しているのだろうか。

「あそこの田んぼの畦に行ってみろよ。太ったドジョウうまかったよ」と。

でも、言葉を持たない彼らはどうやって集団行動するんだろう。

危険意識が進化するのは分かる。そのうえで喜怒哀楽が成立するのだろうか。

影絵を眺めているうち、想像の世界が際限なく拡がっていく。

静かに闇夜の時間が訪れる。おやすみなさい。

 過去記事 初掲載  瓢湖にて撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鶯色と紅梅色

霧の中のハンノキ

関連記事

  1. 気まぐれな黄連雀

    「ヤドリギの実を好む」とどこかの本に書いてあったが、これまでヤドリギにやって…

  2. 太陽のような“ホニャララ”

    実家の庭で咲いていた“ホニャララ”。私はど派手な原色が好きに…

  3. 交尾中のヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮って…

  4. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  5. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

    「紛れもなくユキノシタ。笹藪のその下で辛うじて息をしていた・・・」見…

  8. 花と影・エンレイソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。