影絵

上空に夕闇が迫る頃、サギがねぐらに戻ってきた。

岸辺のハンノキの枝先にポツンポツンと降り立っては羽繕い。

痛んだ羽根の手入れでもしているのかな。

それとも仲間同士で今日一日の出来事でも話しているのだろうか。

「あそこの田んぼの畦に行ってみろよ。太ったドジョウうまかったよ」と。

でも、言葉を持たない彼らはどうやって集団行動するんだろう。

危険意識が進化するのは分かる。そのうえで喜怒哀楽が成立するのだろうか。

影絵を眺めているうち、想像の世界が際限なく拡がっていく。

静かに闇夜の時間が訪れる。おやすみなさい。

 過去記事 初掲載  瓢湖にて撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鶯色と紅梅色

霧の中のハンノキ

関連記事

  1. ヒオドシチョウ・何でだろ~

    阿賀町・たきがしら湿原 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま…

  2. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  3. 八重のドクダミ

    RICOH・GRⅢ写真は6月6日、実家前の大輪寺境内で撮影してる。本…

  4. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  5. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

  6. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  7. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  8. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。