燃える 鳥屋野潟

写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。

この頃、台風18号は九州上陸を伺う様子を見せていた。それでいて遠く離れた此所、新潟・鳥屋野潟は吹き寄せる風も無く、凪いだ湖面が拡がっていた。

秋の渡り鳥シギが一塊となって、水面すれすれに寄せては返す波のように揺れ動き、カンバスに目には見えぬ幾何学模様を浮かび上がらせていく。カワセミが間髪入れず一直線に縫っていく。

久々に観る朝焼けは実にいい。

「あぁ・・出てくれましたね~」と思わず声が出る。

山の端が次第に赤く燃え出す頃には、対岸の岸辺やら葦原がムズムズ動き出し、これまで数日間のいつの間にか白んでいく夜明けが嘘のよう。

これは観ていて何と言うのでしょうか、うまく言えないんだけど、鳥屋野潟が目覚めた感じがしないでもないのです。

“潟のあくび” を垣間見てしまい、それが申し訳ないような気持ちになっていく。

RVP100 AI-Nikkor 50f1.2s NikonF5(f5.6、1/20) NikonF5  上沼橋から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

青カナブンと“金カナブン”

under construction

関連記事

  1. 湖上の白鳥

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰影を撮…

  2. 愛らしいネジバナ

     ネジバナを撮る。午後、鳥屋野公園かめ吉田んぼの池にいく。木道沿いの湿地に立…

  3. 着ている服までオレンジ色・鳥屋野潟

    写真はリバーサルフィルムで撮影した11日の鳥屋野潟。既に投稿…

  4. 冷たいカオス

    近づいてくるワンちゃんより先にこの氷溜まりを覗き込んだ。めぼ…

  5. 知らず白む鳥屋野潟

    撮影は5月1日になります。「太陽は雲の向こうでとっくに昇っているのに、今日…

  6. 潟すすき

    2015年9月22日(祝)撮影鳥屋野潟の朝焼けですが今回は秋…

  7. イナゴ

    2015年10月18日(日)昼頃撮影 池の畔を見回っていてイナゴと遭遇。交尾…

  8. 蝶の時間

     『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。