燃える 鳥屋野潟

写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。

この頃、台風18号は九州上陸を伺う様子を見せていた。それでいて遠く離れた此所、新潟・鳥屋野潟は吹き寄せる風も無く、凪いだ湖面が拡がっていた。

秋の渡り鳥シギが一塊となって、水面すれすれに寄せては返す波のように揺れ動き、カンバスに目には見えぬ幾何学模様を浮かび上がらせていく。カワセミが間髪入れず一直線に縫っていく。

久々に観る朝焼けは実にいい。

「あぁ・・出てくれましたね~」と思わず声が出る。

山の端が次第に赤く燃え出す頃には、対岸の岸辺やら葦原がムズムズ動き出し、これまで数日間のいつの間にか白んでいく夜明けが嘘のよう。

これは観ていて何と言うのでしょうか、うまく言えないんだけど、鳥屋野潟が目覚めた感じがしないでもないのです。

“潟のあくび” を垣間見てしまい、それが申し訳ないような気持ちになっていく。

RVP100 AI-Nikkor 50f1.2s NikonF5(f5.6、1/20) NikonF5  上沼橋から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

青カナブンと“金カナブン”

under construction

関連記事

  1. 鳥屋野潟は朱色潟

    鳥屋野潟が日の出直前に見せてくれた朱色に染まる湖面です。5月17日午…

  2. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  3. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

  4. 鳥屋野潟また来年

    台風19号による被害、どんどん拡大してる。甚大な被害だ。過去のデータ…

  5. 私という暗黒物質

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8…

  6. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づか…

  7. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。…

  8. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。