深緑と江戸紫

 葉の色艶や高貴な色合いの紫玉、加えて煩雑な枝が映り込まないとなると、
何としても、ものにしたいと熱中した。
日を変えては撮影している私を見て話しかけてくる散歩中の方々も増えた。
 写真は早朝、光周りが弱く、微かな風が時折吹いてくる中での撮影。
弱い風といっても、対生した葉や、たわわな実を抱えた細い枝では
ひと吹きするたびに上下、左右に揺れ動き、小さなしなり音さえ発する。 
その震えが鎮まり、いよいよレリーズしようと構えるとまたひと吹き。
 ピンボケやら構図がハチャメチャなカットを連発したが、彼の紫式部も
目にした伝統色の深緑と江戸紫がまどろんだ背景の中から浮かび上がった。

 RVP100 55ミリ NikonF5 自家製レフ版使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「収穫の秋」到来

たわわに実る稲穂

関連記事

  1. 抜け殻に想う

    昨年夏の終わり頃から気になっていて、何度も様子見してました。…

  2. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  3. 銀杏と銀杏

    ややこしや~「イチョウとギンナン」とキーボードを叩いたら『銀杏と銀杏』と表…

  4. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  5. 雨雲

    ずっと遠く、山の稜線上で堰き止められた雨雲がだんだん折り重なって、地上と天井…

  6. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

  7. 赤い実とカマキリの卵

    2015年11月23日(祝)撮影 いつの間にか秋が終わっていたんだな。野…

  8. みんな霧のなか

    冬場は夕食時、鍋になる時が実に多い。昨日は“豚だし鍋”だった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。