深緑と江戸紫

 葉の色艶や高貴な色合いの紫玉、加えて煩雑な枝が映り込まないとなると、
何としても、ものにしたいと熱中した。
日を変えては撮影している私を見て話しかけてくる散歩中の方々も増えた。
 写真は早朝、光周りが弱く、微かな風が時折吹いてくる中での撮影。
弱い風といっても、対生した葉や、たわわな実を抱えた細い枝では
ひと吹きするたびに上下、左右に揺れ動き、小さなしなり音さえ発する。 
その震えが鎮まり、いよいよレリーズしようと構えるとまたひと吹き。
 ピンボケやら構図がハチャメチャなカットを連発したが、彼の紫式部も
目にした伝統色の深緑と江戸紫がまどろんだ背景の中から浮かび上がった。

 RVP100 55ミリ NikonF5 自家製レフ版使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「収穫の秋」到来

たわわに実る稲穂

関連記事

  1. 極彩色な鳥屋野潟

    出勤前の鳥屋野潟の朝焼け撮影、なんとか食らいついてきましたが、そろそろ限界と…

  2. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

  3. 朝焼けと爺さん

    じいさんは既に80過ぎ。自動車免許の更新を控えていて、「今回で駄目か…

  4. カラスと一緒の朝焼け

    2015年6月12日(金)撮影 天気予報で曇りのち雨の予報。天候の変わり目が…

  5. 名も知らぬ草

    『身近な自然』をライフワークにして、気の向くままパシャパシャやっているつ…

  6. ん?終わり?・・な・朝焼け

    この写真は7月30日の撮影。雲がどんどん染まって拡がり、「左右や頭上までい…

  7. 鳥屋野潟は朱色潟

    鳥屋野潟が日の出直前に見せてくれた朱色に染まる湖面です。5月17日午…

  8. ピグモン・ジャコウアゲハの幼虫

    出会い7月下旬に♀成長個体を目撃し、その後気になって見に行くと、ウマノスズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。