深緑と江戸紫

 葉の色艶や高貴な色合いの紫玉、加えて煩雑な枝が映り込まないとなると、
何としても、ものにしたいと熱中した。
日を変えては撮影している私を見て話しかけてくる散歩中の方々も増えた。
 写真は早朝、光周りが弱く、微かな風が時折吹いてくる中での撮影。
弱い風といっても、対生した葉や、たわわな実を抱えた細い枝では
ひと吹きするたびに上下、左右に揺れ動き、小さなしなり音さえ発する。 
その震えが鎮まり、いよいよレリーズしようと構えるとまたひと吹き。
 ピンボケやら構図がハチャメチャなカットを連発したが、彼の紫式部も
目にした伝統色の深緑と江戸紫がまどろんだ背景の中から浮かび上がった。

 RVP100 55ミリ NikonF5 自家製レフ版使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「収穫の秋」到来

たわわに実る稲穂

関連記事

  1. 鳥屋野潟・夜明け前

    先週末に現像が出来上がっていたが、フィルムスキャナーの調子が悪く、ああでもな…

  2. “紅光線”・・無理あるなぁ~

    リバーサルフィルムの現像が出来上がってきた。仕上がり具合をチ…

  3. 夜明けの蓋が開くとき

    9月下旬の撮影です。スカッと晴れ上がり、風も無い・・霧が出るかもと予想して、…

  4. 朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

    ソメイヨシノの蕾の状態を確かめに鳥屋野潟公園に出向くも掃き寄せられた落ち…

  5. 鶴と蔓

    2016年1月17日(日)撮影 なんだぁ~? どうなってるんだぁ~?枯れアジ…

  6. Big Swan

    頭をひねって考えた。撮影日が思い出せないのだ。24か25、いや26日か。撮…

  7. 綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

    3月24日、未明に雪が降った。雪は積もるも午前中には跡形もな…

  8. 霧に隠れる鳥屋野潟

    昨日は「夏越の祓」。1年の半分が過ぎ、肉体や精神に溜まったデットックスを洗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。