幸せの 黄色い ボンボン

写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉っぱは柳のそれにどれだけ似てるか疑問だし、花序は虎の尾にしては短い。

そのヤナギトラノオを鳥屋野潟公園「流れ」の中に見つけた。現在は他の湿性植物の中に埋没しかかっているが写真を撮影した22日は脇の小径からよく見えた。

数十株立ち上がっていた中で一番小径に近いこの花が一番新鮮に見えたのでした。

黄色いボンボン・・両手に持ち上下に振ってガラガラと音を立てて赤ちゃんをあやす・・その玩具に見えてくる。花序がもっと長ければ、コップの中を洗う単なるブラシにしか見えなかったであろうに。

ともあれこの公園、「流れ」の中に復活したことは嬉しい限りだ。市内のど真ん中の公園で野の花の美しさを思い知る。忙しなく働く人にとってはこの上ない妙薬だ。

光がたりな~い!

撮りたいけど光量が足りない。朝陽がうまく入り込んでいない。このままでは仮に撮影したとしても「色かぶり」間違いなし、シャッタースピードも稼げない。

向かって左側には大きな木々が重なっていて、日陰はそのせいです。しばらく陽が昇るまで近くのベンチで腰を下ろして待つことにしたのでした。

待つこと1時間くらいでしょうか。陽がじわりと当たり始めてきました。薄暗い中でひっそりと花開いていた彼女さんのお目覚めの時間がやってきたようです。

少しずつですが、画面右奥から光がまわり出すと、ファインダー内の露出インジケー目盛りが+側に振れていくのです。自己満足な事ですが、この瞬間がとんでもなく至福の時なんですね。愈々となると姿勢もちゃんとしてきます。

それで、こんな程度な写真なの?

はい!そうなります。この程度な写真ですが、私の心の中はニッコリなんだな。

道行く人がいないことを確認して、腹這いになって撮影している。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  5月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑の血潮

ミツガシワ

関連記事

  1. かわいらしい すももの花

    女房の入院準備前でドタバタ。気分転換に公園へ散歩に行く。…

  2. 鳥屋野潟/春霞

    30日も仕事である。忘年会も、新年会も我々の業界ではそんな言葉は存在しない…

  3. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  4. 藪の中 マユミの実

    2013年12月1日正式にはスポーツ公園、長潟の森地区。公園柵ぎ…

  5. 豚雲と赤い夜明け

    2015年5月11日(月)撮影 夜明け前、ひんやりした大気が鳥屋野潟を覆って…

  6. 萌える

    2016年4月10日(日)撮影 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなる…

  7. ロウバイ

     横殴りの雪と風、そしてどんよりした雲のせいか園内は私の他、誰一人いません。…

  8. 思い出せない朝焼け

    2015年5月23日(日)撮影・・かも 現像上がりのスリーブを透かして見るま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。