人知れず輝くカキドオシ

撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。

目線を下に落とし、ぺしゃんこになったその主が野の花であると知ったところで、さして罪悪感もない。あまりにも平凡な存在が慈しむ感覚をマヒさせているのだろう。

けれど陽の光は、見向きもされない野の花を美しく輝かせてくれる。

立ち止まって、しゃがみ込んでみる。朝露にびっしょり濡れている。

さらに視線を地面近くにまで下げて、陽の射す方を眺めてみると、朝露がキラキラと輝いてきて、まるで自然の宝石のよう。

陽が射していなければ、立ち止まってじっくり眺めることも無かったろうに。

視度調整

この日の撮影時はカメラのピント合わせがどうもしっくりいかない。

合わせようとして、レンズのピントリングをまわしていくも、「ピントのヤマ」がなかなかつかめず、ある一点を基準に左右に回してばかりいた。

どうも、おかしい。・・そう思って、視度調整つまみをいじってみた。

手前に引いて、反時計回り、つまり-側に動かして、ファインダーを覗いてみたら、先ほどとは違いスッキリ見え、ピントも合わせ易くなった。

ところが被写体が替わって、改めてピントを合わせようとしたら、目がしょぼしょぼしてくる。それでファインダーを覗いた状態で視度調整つまみを+側に動かすとスッキリしてきた。

これって・・撮影前のいつもの位置なんだけど・・・

その日の体調によって目の視力は若干、変わると思うが、最近は頻繁に調整つまみを操作することが多くなってきたようだ。気になるなぁ~。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 5月7日撮影 福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

坊主頭とオオミズアオ

ツバメシジミ

関連記事

  1. ダイヤをまとったナンキンハゼ

     新潟では珍しいくらいの快晴になった。東京で暮らしていた頃のような真っ青な冬…

  2. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  3. 朝陽沸く

    退院3日目。点滴針を刺していた右肘内側の皮膚が赤く腫れて痛い。触ると熱を帯び…

  4. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

  5. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせい…

  6. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  7. 蘇ったサワオグルマ

    2015年5月5日(火)撮影 久しぶりに東側の自然観察池周辺を散策してみまし…

  8. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。